ホーム | 日系社会ニュース | 百歳 伊津野さんも熱唱=サンミゲルで民謡響く

百歳 伊津野さんも熱唱=サンミゲルで民謡響く

ニッケイ新聞 2014年4月5日

サンミゲル・パウリスタ日系文化体育協会(谷文雄会長)で先月23日、同協会民謡部の創立35周年記念をかねた「サンミゲル民謡愛好者大会」が開かれた。今年で20回目。

コロニアの高齢化が懸念される中、70人が駆けつけ日ごろの成果を発揮した。最高齢者・100歳の伊津野敬嗣(けいし)さんも、若者に負けず元気に唄った。

昼は、レジストロから訪れた子どもたちの民舞や、滝が平功さんによる日本舞踊が舞台を盛り上げる中、毎回好評の松浦アントニオ実行副委員長による特製カイピリーニャと、婦人会による手製料理を食べながら親睦を深めた。

入賞者は次の通り(敬称略、順位順に)。【一般の部A】松浦アントニオ、佐藤恵子【一般の部B】福留姜子、滝が平功、【一般の部C】小渕民雄、有熊茂【青壮年】中島幸夫、石橋千代枝【子どもA】深沢レチシア、長田ナンシー【子どもB】前田まゆみ、大沢リビア【優勝者の部A】田中キヨ、吉田保子、谷口忠孝【優勝者の部B】村中千恵子、市来輝子、中田行子【優勝者の部C】塩野彰、小渕トミ、山崎也寸志【名人の部】佐藤元宏、太田信子。

image_print

こちらの記事もどうぞ