ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(138)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(138)

ニッケイ新聞 2014年4月16日

 モニターの警報音をリセットしながら看護婦が気の毒そうな顔で、
「(残念でした。出来るだけの事はしましたが・・・)」
「(付き添いは?)」
「(警官が廊下に待機しています)」
「(廊下に?誰もいなかったが)」
嫌な予感で険しい顔になったジョージは慌てて、
「(ちょっと、死体を拝ませてくれ!)」
看護婦は慌てたジョージに、
「(他の患者の事を考えて、静かに行動して下さい)」
「(分かった)」
森口の死体を覆ったシーツの顔の部分をジョージは捲った。
「(畜生・・・)」無残に腫れあがった顔は誰だか分らなかったが、短く丁寧に刈られた茶色の髪から、森口ではなく警官である事が想像できた。
「(奴が逃げたぞ! ペドロ!裏門をふさげ! 俺は正門に)」
「(分かりました)」
ジョージは携帯の操作よりも正門に走る方が早いと思った。途中、二つのトイレを覘いた。
正門で警戒中のアレマンの視野にジョージが現れた。
「(ウエムラ刑事!)」
「(アレマン! 奴は警官に化け、逃げたぞ)」
「(えっ! 四、五分前に警官が一人出て行きました)」
「(五分! 二百メートル範囲に奴はいる。どっちに向かった?)」
「(さー・・・?)」
「(お前は右だ!)」そう言って、ジョージはアレマンと反対方向に走った。
五十メートルほど早足で人混みをかき分け交差点まで来た。三人の警官が組になってのんびりと一見平和な人の流れを監視していた。ジョージは後戻りしてアレマンを追った。
混雑する歩道を避け、百メートルほど車道を走ってアレマンに追いついた。
「(アレマン!)」
「(見つかりません。確かに警官が・・・。逃げられた様ですね)」
「(諦めるな、奴はこちらに逃げた)」
「(いつ、警官に化けて・・・?)」
「(救急車の中だ。救急車の中は密室だ。そこで、油断した護衛を襲った。獣になり始めたぞ、銃を奪っただろうから気を付けるんだ)」
連邦大学総合病院の裏門に走り、車を出して近辺を捜査し始めた。車の窓ガラスにへばり付いてアレマンとペドロが歩道の人混みを監視した。
ペドロが監視を続けながら、
「(裏門の放置された救急車の中で警官と運転手の死体が見つかりました)」
「(奴は予想以上に凶悪だ、気を付けろ。警官の姿ではそんなに自由に街を歩けないだろう。俺だったら・・・、人の流れに沿って、地下鉄だ!)」
三百メートル先の地下鉄アナ・ホーザ駅に直行した。
「(で・・・、現金がなく、地下鉄をあきらめ、目立たないように繁華街を歩き、それから・・・、あの角を曲がって人通りのない路地に入って、制服を脱ぎ・・・、アレマン! あの路地を調べろ)」
アレマンは低速の車から飛び降り、道路を横切って路地に走った。直ぐ、手に何かを持って戻ってきた。
「(おっしゃる通り制服です。それに、服を脱がされた男が倒れていました)」
路地に人だかりが出来始めた。制服に触ったジョージが、
「(奴はまだこの近くだ!)」
「(えっ! ・・・?)」アレマンはジョージになにか聞こうとしたが、考え込んだジョージを邪魔しないように黙った。
ジョージは心を無にして『獣だったらどうするか』眼を瞑って、森口の次の行動を考えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]