ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月17日

 サンパウロ市もすっかり秋空となり、朝方冷え込むようになった。そんな寒い朝など、辻々に寝ている路上生活者に毛布を掛け、温かい食べ物をさり気なく置いていく信心深そうなブラジル人女性の姿を時々見る。キリスト教的な恵まれない人への慈愛精神の表れだろう▼コラム子は日本で路上生活者は見ても、実は物乞いには会ったことがない。東京池袋の支援団体「てのはし」のサイトによれば、路上生活者の主な仕事は派遣や日雇い業、アルミ缶や読み捨てられた雑誌を拾って再生業者や露天商に売ることだという。飲食店の残り物や支援団体の炊き出しを頼る人もいるが、数は少ないとか。つまり路上生活者とはいえ大半が労働で生計を立てている▼「東方網日本語版」のサイトにあった日中の比較記事は、日本に物乞いがいない現象を「日本のホームレスは基本的に『貧困』問題の表れではなく、人生哲学と社会学に関係がある社会問題である」と分析し、「恥の文化」と関係があると書いている▼物乞いは日本人にとって耐え難い恥であり、自己の尊厳にも関わる問題だからか。「働かざるもの食うべからず」と大半が考える日本において、当地のように物乞いが〃職業〃として成り立つ可能性はほぼゼロだと思う▼「てのはし」には、日本では「生活困窮者を国が援助すべきではない」と回答する人が世界最高水準の38%に上るとあった。日本の勤勉さと富は、こうした厳しい価値観によって支えられている▼道行く人に釣銭を恵んでもらい、「ボン・フェリアード」(良い祝日を)などと声をかける当地の陽気な物乞いを見るにつけ、人生を謳歌しているのはどちらかと考えてしまう。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]