ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 地下鉄のストで揺れた5日のサンパウロ市。最近はW杯前に駆け込むように多くのストが行なわれているが、4日夜には開幕会場となるイタケロン・スタジアムの近辺で二つのマニフェスタソンも行なわれた。ひとつは退役軍警とその家族約400人が、スタジアム前で給与改善を求めて行なったもの。このグループにはその後、ヴィラ・マチルダ駅の前に群がり、「ミーニャ・ヴィーダ、ミーニャ・カーザ」の内容の見直しなどを求めたホームレス労働者運動(MTST)のメンバー1万2千人が加わった。こうした混乱は全国各地で連日起きており、W杯開幕または期間中まで続きそうな雰囲気だ。
     ◎
 3日夜、ゴイアス州トリンダーデの小学校に侵入して窃盗を働いた男性が、逃走の過程で窓に頭を挟んだまま死亡した。この窓は、斜めに何層かの隙間の空いたスタイルのもので、この男性はその隙間に頭から後ろ向きに入って逃げようとしたが、そこで首を挟まれ、その状態で自分の体重の衝撃が首にかかってしまったことで首吊り自殺の場合のような状態になってしまった。不注意な死因だが、出回っている死亡写真はかなりショッキングだ。
     ◎
 ブラジル代表はきょう6日午後4時から、サンパウロ市モルンビー・スタジアムでW杯前の最終調整を兼ねた親善試合となる対セルビア代表戦を行なう。対パナマ代表戦で無得点に終わったセンターフォワードのフレッジの奮起と、司令塔オスカールからレギュラー奪取を狙う好調ウィリアンのプレーなどが注目される。同スタジアムに最寄り駅はなく、交通状況も気になる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]