ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日午前にセレソン新監督としてドゥンガ氏の就任発表があったのと同時に、16年のリオ五輪を率いるのが、現在の「20歳以下」「17歳以下」のジュニア・セレソン監督のアレッシャンドレ・ガロ氏となることも発表された。2008年の北京五輪の際にはドゥンガ氏が通常のセレソンに加え五輪セレソンも率い、その際は準決勝でアルゼンチンに0―3で敗れ、銅メダルに終わった。奇しくも当時のアルゼンチンの主力の大半が、メッシをはじめ今年のW杯準優勝メンバーだ。ガロ監督は五輪で活躍した選手を一定数、代表チームに割り当てることで次W杯の強化対策となることを意図しているが、肝心のドゥンガ氏の反応は?
     ◎
 19日、サンパウロ市東部カンガイーバでサンパウロ州水道公社(Sabesp)の作業員だと偽った5人の強盗が、ボリビア人の一家4人の住む住宅を襲う事件があった。強盗たちは、周辺住宅を含んだ水道網の工事を行なうと称し、そのうち何人かは同公社の作業服を着ていたため、被害者は信じてしまったという。強盗らは少なくとも携帯電話5機を盗んで逃走したというが、同公社にとっても、ボリビア人にとっても迷惑な話だ。
     ◎
 ブラジルを代表する電化製品の企業ブラステンピの創設者であるウゴ・ミゲル・エッチェニク氏が21日、入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で死去した。89歳だった。現時点で死因はまだ不明。ボリビアのラパスで生まれた同氏は1954年に同社を創業。世界的な事業提携を進め、同社の世界企業化に貢献した。

image_print

こちらの記事もどうぞ