ホーム | 日系社会ニュース | 日本ハムがブラジルに再進出=製造販売でブランド確立へ
西裏昌弘代表取締役社長
西裏昌弘代表取締役社長

日本ハムがブラジルに再進出=製造販売でブランド確立へ

 食品加工メーカーの大手「日本ハム株式会社」(英語名・NHフーズ、本社=大阪市)が4月、サンパウロ市に「NHフーズ・ブラジル有限責任会社」を開設した。当地での語学研修経験等がある西裏昌弘さん(38、富山)が代表取締役社長に就任、当地に「NH」ブランドを確立すべく再進出に乗り出した。
 同社は20年近く当地に事務所を置き、現地加工食品メーカー「サジア」などから原料の買い付けを行っていたが、07年にいったん閉鎖していた。今回は事業の方向転換を図り、改めて進出した。
 日本国外では16の国と地域に62カ所の拠点を持ち、食肉、水産品や野菜など多彩な食品を扱う。本社が10%未満に留まる国外での売り上げを拡大する方針を掲げたのを機に、「恩返しのチャンス」と自ら当地赴任を志願した。
 「一からのスタートでまだ市場調査の段階だが、3~5年以内に工場を作り、10年以内に内販の基盤を作りたい」と語る。ブラジル国内での加工・販売を目指し、原料調達と内販を2本柱に長期的視野で事業を拡大するという。
 ハム・ソーセージが主力商品だが、ハンバーグや牛丼、カレーなど惣菜のレトルトパック、海鮮丼や寿司ネタの冷凍パックも生産している。こうした生産技術を利用し、「フェイジョアーダなどブラジルの国民食も食卓にお届けしたい」との考えもある。
 「まずは日系人の方に知って頂きたい。できれば定年まで駐在し、ブラジルの皆さんから『NHフーズが来てよかった』と言ってもらうことが大目標です」と腰を据えて新事業に取り組む姿勢を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長2015年5月12日 キリン一番搾り発売1周年=日伯120周年の記念ラベルも  ブラジルキリン(ジーノ・ディ・ドメニコ社長)が5日、サンパウロ市内レストラン新鳥でキリン一番搾りの「外交樹立120周年」を記念したデザインラベルの発売、及びブラジルでの製造・販売1周年の記念パーティーを行った。関係者ら91人が出席した。 両国の国旗と野球、サッカーなどの文 […]
  • 一番売れ筋のクレープ・エスペシャルを手に石川さん2015年2月28日 現代日本風商売が次々に=青年たちが果敢に挑戦  うどん、お好み焼き、弁当などデカセギ世代が日本の色々な今風の食文化導入を試み、新しい商売が栄枯盛衰を繰り返している。中でも今回紹介するのは、珍しく日本式クレープの「Hachi」と、デカセギ経験はないがアニメや特撮戦隊モノが大好きでパンク系和風居酒屋「IZAKAYADA」ま […]
  • 自慢のお好み焼きを手に店主の簗瀬さん2014年11月4日 帰伯者が日本の大衆料理導入=お好み焼専門店等を開業=08年大量帰国以後続々と  かつてお好み焼き専門店といえば、サンパウロ市エステダンテ街の『道頓堀』が有名だったが閉店して久しい。そこへデカセギ帰りの簗瀬マルセロさん(40、二世)が先月8日、新たに『焼き屋』をオープンした。同店主はデカセギ時代に味わった本場の味を当地で再現しようと奮闘中だ。伝統的で高 […]
  • 水本良夫さん2014年10月16日 ブラジル初の讃岐うどん店=「Meu Gohan」開店=水本店長のこだわり光る  ブラジル初の讃岐うどん専門店『Meu Gohan』が、9月14日にサンパウロ市ヴィラ・クレメンチーノ区にオープンした。麺は手打ち、スープ原料は全て日本から取り寄せというこだわりだ。店長の水本良夫さん(33、三世)は「ゆくゆくはラーメンなどメニューも増やす計画。日本の味を出 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]