ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 バストス卵祭りの名物オムレツは、ハムとチーズを挟んだだけの素朴な味だが、久しぶりに食べたせいか、やけに美味かった。思えば、茶碗蒸しから温泉卵、卵黄の味噌漬けなど日本の卵料理は随分と種類が豊富だ。一人当たりの卵消費量も日本は329個と多く、メキシコに次いで2位と卵好きの民族だ。当地では肉が比較的に安いせいか、一人当たりの消費量はさほど多くない。卵料理のレパートリーを増やして普及すれば、消費量アップにつながるかも。
     ◎
 『郷土民謡全伯大会』が8月3日に宮城県人会館で開催されるが、民謡教師の北原民江さんによれば、「伯人に一番人気の民謡はソーラン節。威勢の良い掛け声に惹かれているようだ」という。伯人生徒達は歌詞の意味にも興味津々で、北海道の鰊漁の説明に一苦労だと言う。カラオケの普及で参加者のレベルが上がっているそうだ。大会では全ての曲が生演奏され、飛び入り参加者も募集中。「ブラジルでソーラン節がブーム」という記事が、日本で出る日が来るかも。
     ◎
 サッカーの神様が日本へ〃里帰り〃中――。元日本代表監督のジッコが、19日から日本に滞在しており、23日にはJリーグ第16節の鹿島―大宮を観戦したと日刊スポーツなどが伝えている。試合前に古巣・鹿島の選手を鼓舞するも、結果は2―2。「チャンスに決めていれば違った展開に…」と漏らしたようだが、W杯の日本代表やブラジル代表にも同様の思いを抱いたかも。テレビ出演や取材を受け、24日に帰伯する。当地ではブラジル代表監督を巡ってジッコの名前も挙がって喧々諤々騒いでいただけに、第二の故郷で無事に〃嵐〃をやり過ごした?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年7月3日 大耳小耳  日本祭りに出演するナシルさんは現在、あの「モニカと仲間たち」の作者マウリシオ・デ・ソウザさんの家にお世話になっているのだとか。何でも、日本で知り合った友人がソウザさんの親戚で、紹介してくれたという。「プールやメイドさんもいる大きな家で驚いた。ソウザさんも紳士で優しい」と思 […]
  • 大耳小耳2014年7月4日 大耳小耳  日本祭りの準備で聞こえてくるのは、金曜のサッカーW杯への不安。準々決勝が行なわれ、午後5時からはブラジル代表も試合を行なう。「昨年よりも金曜の販売量を減らしたわ」といった弱気な構えもあったが、その時間帯にどれだけの来場があるか。日本祭りの会場で試合観戦しようという判断もあ […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • 大耳小耳2014年6月6日 大耳小耳  カズが大使としてブラジルへ! 日本サッカー協会(JFA)の理事会で、W杯アンバサダー(親善大使)として三浦知良選手をブラジルへ派遣する事を決定したという。滞在は12~20日までで、初戦(14日、コートジボワール戦)を観戦する予定。日本の報道によれば、JFA国際委員の梅田邦 […]
  • 大耳小耳2014年4月30日 大耳小耳 和歌山県人会60周年式典では、アルゼンチン支部から会計の佐藤太二アレハンドロさん(24、二世)が出席。母親が田辺市出身で、今年、子弟受け入れ事業で初めて県を訪れた。流暢な日本語で「自分のルーツはここにあるんだと実感して、感動した。とてもいい経験になった」と笑顔。佐藤さんによれば […]