ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーのブラジル杯での人種差別発言で渦中の人物となっているグレミオ・ファンの女性、パトリシア・モレイラさん(23)が5日、ポルト・アレグレで記者会見を行ない、公式に謝罪した。パトリシアさんは8月28日の試合でサントスのキーパー、アラーニャに向かって「マカーコ(猿)」と叫んでいる姿がテレビに映って一躍有名になり、社会的批判を受けていたが、「試合に負けていたことで気分が高揚しすぎていた。人種差別の意図はなかった」とし、泣きながらアラーニャとグレミオに侘びた。この件でグレミオは参加失格処分を受け、パトリシアさんは失職。自宅でも投石などのいやがらせを受けている。
     ◎
 昨日付本紙でも報じたサンパウロ市南部ヴィラ・ダ・パスで、入居予定のまま何年も待たされていることに業を煮やした人たちが起こした侵入行為について4日、サンパウロ州地裁は15日以内での立ち退き命令を下した。理由は、このアパートの所有者が建築会社のものであるから、というものだ。この侵入は、長い人で10年以上前に購入し、支払いも行なわれているのに鍵がもらえず、転売行為まで行なわれていたことが判明して起きたものだ。
     ◎
 4日午前11時ごろ、大サンパウロ市圏グアルーリョスのクンビッカ地区で、建設中のビルの中二階部分の床板が倒壊、作業員2人が下敷きになって死亡した。ヘリコプターなども導入した大掛かりな救出作業が行なわれたが、作業員は二人とも、遺体となって発見された。中2階約150平米の作業は6人で行なわれていたが、事故発生当時は2人だけで作業をしていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]