ホーム | 文芸 | 連載小説 | 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香 | 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=43

花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=43

 このジャガイモ成金たちは、料亭内に一部屋借り切って、何週間も入り浸りだったそうだが、奥地から出てきて所用をかねての遊びと考えれば、ホテルもかねていたのではないかと思う。

 「バタテイロやったうちのマリード(夫)が死んだ時、青柳のホステス達が焼香に列を成したものよ、自慢にもならんけど」とウルグアイから来た私が拠り所とした松岡春子は言い、六十年初期、
 「そのホステスの三分の一は、たぶん花嫁移民で来た娘たちよ」とも私に言った。
 当時「料亭青柳」には七~八十人のホステスが働いていたそうである。私も失敗した花嫁移民であり、春子の言葉は、暗に「失敗したあんたも、そこに落ちるかもよ」と言っているように受け取れなくもなかった。ウルグアイを出る時、お世話していただいた高田さんから紹介され、サンパウロに来た第一日目から松岡春子宅に居候して、間もなく言われた言葉がこれだった。
 婚家先を出るような結果になるとは思いもしないことであったが、南米で唯一離婚を簡単に認めるウルグアイだったため、一カ月余で離婚手続を終ませることができたことを、年を経るにつれてブラジルへ来た花嫁たちの泣き寝入りの事情を知るほどに、私にとって幸運なことであったと思っている。
 ウルグアイの高田老夫人が「女傑」と呼ぶ松岡春子を紹介されたことも、失敗した花嫁移民が「落ちる所」と言われた料亭等で、働くことなく生きて来られた大きな理由だと今も感謝している。
 しかし、まるで違うとはいえ、逃亡奴隷の落ち着いた先もジャバクアラ、失敗した花嫁移民の一部が落ち着いた先もジャバクアラであった。何かしら哀しいものが私の裡から湧いてくる。

 前記の料亭赤坂はトレーゼ・デ・マイオ通り(五月十三日の意で奴隷解放記念日)にあり、市内であるためか、こちらは主に日本からの駐在員がよく使っていたようである。料亭は他にもあったはずだが、大きいのはこの二料亭であった。男性の夜の社交場としては、「ボワッチ」とこちらでいうバーもあり、夫の事業の成功まで、家計援助にホステスとして働いたと話した成功者の夫人もいる。この当時、私が紹介されて美顔術の仕事で出入りしたのは、この二つの料亭のみであり、青柳には上記の日のみで、二度とエステの仕事に行かなかった。行けば女将の熱心なスカウトぶりに、引き込まれそうで敬遠したのである。

 第十二章 コチア青年花嫁

 戦後、祖国が社会的に混乱していた一九五二年、ブラジルの日本人が作っている「コチア農産業組合」は創立二十五年を迎え、組合員は五千名を突破していた。時の組合専務であった高知県出身の下元健吉は、この産業組合を支えてくれ、さらなる発展を進めてくれる若い後継者が必要と考えはじめ、祖国の就職難や農地改革によって生じた農家の次男、三男の窮状に目をつけ、こうした独身青年の移民構想を立てた。
 確かこの頃の日本では、次男、三男を対象として自衛隊への勧誘が盛んなころだったようだ。中学生のころに、友達の兄達が何人か入隊したことが思い出される。
 右記の下元健吉の構想に、海外に雄飛して大農場主になることを志した青年達が、この移住制度に多数応募してきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=75・最終回2014年12月17日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=75・最終回  目が見えないのは目の前の蛇に怯えないという諺と同じく、私の低能さは怖さをしらず前に進み生きてきてそのぶん失敗も多く、その失敗により現在の生き様があることにようやく気がついたことはあまりにも遅すぎである。 「目に見えぬ赤い靴はき生れし子が養母に抱かれしごめんとう名の駅」と歌 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=732014年12月13日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=73  私たちはこのような理解ある温かいことばを聞けるまで何十年かかっただろうか。このことばを素直に喜びたい。 毎年十一月第四日曜日は、小南ミヨ子氏の送り出した花嫁移民「ききょう会」の忘年会である。これに出席のため千五百キロ、二千キロ先から、もう若くない花嫁たちが集まってくる。  […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=742014年12月16日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=74  しかし、この言葉は私たち花嫁には礫となり飛んできて辛い言葉に長くなりました。先に書きましたコチア青年花嫁五〇周年記念祭を境に、言葉の礫はおおかた無くなり、花嫁移民ですと平気で言えることができているようです。 おお方の花嫁が辛苦を舐め耐えぬいて、現在「この国に来て良かった」 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=712014年12月11日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=71  「ラテン系は美しく、惹かれるものはありますが」と言い、「男性が若いうちはいいが、年齢とともに体力、精神力ともに弱さが出てくるし、食事にしても日本食を恋しくなりますから」と語っている。 ことに体調を崩した時など、日本人なら白かゆや、おじやなどが欲しいはずで、それを病人自身が […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=722014年12月12日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=72  五十年前、移民船は蚕棚式の船室で、五十数日の船旅をしてブラジルにきた第一回目の十二人の花嫁で今年金婚式を迎えられたのは五組。二十歳前後で移住した花嫁も二人他界したとのことである。 金婚式の花嫁はもうみんな七十歳代に入っているが、それでも厳しい移住生活にたえ生き抜き恵まれた […]