ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 「あれは、現代の奴隷だったね。1日14時間働いて日曜日も無い。故郷の家族に心配かけまいと、涙しながら嘘の手紙を書いた」これはとあるコチア青年の言葉。
 この話を聞いて思い出したのが、日本で問題となっている外国人農業研修だ。労働力不足に悩む日本の農村の一部が農業研修制度を悪用し、違法な低賃金労働を発展途上国の研修生に強いている。労働実態は奴隷的と批判されている。
 外国人に対するこうした扱いは、コチア青年らが受けたものと変わらない。
 食えない農村にとっては「背に腹は変えられない」故の処置かもしれないが「己の欲せざる所、人に施すこと勿れ」だ。日本人移民の体験を知ることで日本人の美徳を思い出して欲しい。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボリビア生まれだが、日本語しか話せない若者2016年2月4日 ボリビア生まれだが、日本語しか話せない若者  聖市文協、コチア青年が還暦を迎えた昨年、お隣の国ボリビアのサンファン移住地でも同じ節目を迎えていた。ふとした出会いから、同国の戦後移住地が抱える問題について知らされた。 先日の「日系農業会議」で同地二世の男性に話を聞くと、「日本語しか話せない若者が多い。将来彼らはどうやって暮 […]
  • 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために2018年4月7日 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために  ブラジルにおける労働法、税法は、日本の駐在員にとって一番分かり難い法制度になっています。私は2年間ほど日系企業との付き合いがありますので、日伯の比較をしながらブラジルの労働法、税法について幾つかの問題点を取り上げたいと思っております。  まずは労働法についてお話したいと思い […]
  • ■訃報■山田充伸さん2018年3月16日 ■訃報■山田充伸さん  コチア青年連絡協議会、岐阜県人会、ブラジル倫理の会などで会長職を歴任した山田充伸さんが、癌のため先月19日に亡くなった。享年82。  山田さんは1936年11月23日に岐阜県郡上郡八幡町で生まれ、戦後58年にコチア青年の第1次14回生として渡伯した。ミナス州ピラポーラ団地に […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)2017年8月22日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)  そして資金面で一致結束できる見通しがようやく判明した。そこで3ヵ月後の9月臨時総会を召集し、資金調達の予備調査の結果が報告され、母県への代表派遣を正式に決定。その代表に山城勇を正式に決定した。  私自身は決して喜んで引き受けるのではなく、事の重要性を自覚していながらも、既に […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]