ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■知花旅行社社長 知花良治さん

■訃報■知花旅行社社長 知花良治さん

 沖縄県人会ビラ・カロン支部長などを務め、知花旅行社を長年にわたって経営し、現在は神奈川県横浜市に住んでいた知花良治さんが昨年12月30日、脳溢血のため同市内病院で亡くなった。享年69。
 ボリビア移民として海を渡った知花さんは、ブラジルに再移住し、聖市ビラ・カロン区で知花旅行社を開業。リベルダーデ区のグロリア街にも支店を開設した。
 03年には沖縄県人会で第一副会長を、03、04年には、同県ビラ・カロン支部の支部長も務めた。現在では恒例の行事として定着している同支部主催の「おきなわ祭り」の創設にも尽力した。
 05年11月に妻が誘拐事件にあった(同年12月に解放)ことなどから日本に帰国。横浜市鶴見区で旅行社を営んだ。
 知花さんの告別式は7日、横浜市の鶴見カトリック教会で執り行われた。
 ブラジル側では、10日午後3時から沖縄県人会ビラ・カロン支部近くの生長の家ビラ・カロン教化支部で追悼ミサが行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に2016年8月24日 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に  今年、創立90周年を迎えたブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は、写真展、芸能祭、式典をという3つの記念事業を企画した。  『写真展』は28日から聖州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, […]
  • 創刊趣旨を説明する宮城塾長、その左が高安さん、右が上原さん、嶺井さん2015年7月15日 『群星(むりぶし)』=県人(ウチナー)意識高揚に強い期待=合評会に100人詰めかけ  沖縄県人移民研究塾同人誌『群星(むりぶし)』創刊号の合評会が11日午後、同県人会本部会議室が行われ、約100人が参加した。最初に嶺井由規(よしのり)さんが作成したDVDが上映され、盛んに意見が交換された。 宮城あきら塾長は、まず「こんなにたくさん来てくれて嬉しい限り」と喜 […]
  • CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人2016年7月20日 CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人  中央開発コーポレーション(以下CKC、本社・東京)は12日、聖市の宮城県人会館で「第1回日系農業者団体連携強化会議」を行った。これは日本農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環で、来年度までの5年間実施されているもの。ブラジル各地を始めパラグアイ、ボリビア、 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • (左から)高安、宮城、嶺井さん2015年7月2日 沖縄移民研究塾=同人誌「群星」を自費創刊=宮城さんら成果を一冊に=11日に聖市本部で合評会  沖縄県人会移民研究塾(宮城あきら代表)が5月、同塾での研究成果をまとめた同人誌「群星(むりぶし)」を創刊した。日ポ両語の白黒180ページで、過去の出版物刊行式やボリビア移住地、沖縄民謡を納めたDVD(約2時間)も付属する。先月30日、宮城代表らが来社して説明した。一つの県 […]