ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 沖縄タイムスによれば、沖縄県のサンバグループ・アンダギーニャのリーダー宮城佳代子さん(35)と沖縄ブラジル協会事務局長の米須清秀さん(45)が14日、那覇市役所に久高将光副市長を訪ね、22日に姉妹都市の聖州サンビセンテ市で開催される「市創立記念ミュージカル」に出演することを報告した。米須さんの夢は「那覇の一大イベントとしてサンバカーニバルを実現させること」だとか。今年は沖縄県系人が多いジュキア線イタリリー入植100周年もある。そのような機会にも来伯してほしいもの。
     ◎
 島根県人会(足立操会長)の会報「だんだんNews」第154号が刊行された。敬老会、忘年会、親睦旅行など盛りだくさんの内容だ。また昨年始動した聖州カサパーパ市、島根県、JICA三者による環境教育プロジェクトでは、12月に第二陣となる調査団が来伯し、相互理解を深めることができたとも。本紙6面の特別寄稿にあるとおり、昨今は深刻な水不足が大問題になっているだけに、自然破壊への懸念意識を高められる良いタイミングかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年8月29日 大耳小耳  30歳のころ旅行で初来伯した中島紀于社長は、「広大で肥沃な大地を持つブラジルでいつか仕事がしたい」との大望を抱いた。その夢を実現するために岐阜で工務店を育て上げ、今では名だたる会社となり、「忙し過ぎてブラジルまで中々来られない」と笑う。80周年の時、日本館運営委員の田村ワ […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • 大耳小耳2014年2月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月1日  県連代表者会議では、改装を予定している文協ビル5階の県連会議室を、今年3月27日の定期総会までに使用可能な状態を目指すことが執行部から示されたほか、2018年の日本移民110周年記念祭に向け、日系5団体がそれぞれ5千レを出資し、資金集めの呼 […]
  • カーニバルで50周年前祝い=バウルー/天理市姉妹都市=名門チーム「桜の地の豊かさ」2018年2月10日 カーニバルで50周年前祝い=バウルー/天理市姉妹都市=名門チーム「桜の地の豊かさ」  サンパウロ市から西北に300キロのバウルー市で10~12日の3日間、カーニバルが開催される。そこで12日に登場する地元名門エスコーラ「モシダーデ・ウニーダ・デ・ヴィラ・ファルコン」は、バウルー市と奈良県天理市の姉妹都市提携を祝う「TEN RIquezas na […]
  • 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など2008年1月1日 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  移り来て一世紀――。海を渡った日本移民とその子孫たちは、百年にわたり、ここブラジルの社会に様々なものを残してきた。古くは五十周年を機に実現したサンパウロの文協ビル(文化センター)のような建築物、日本庭園や鳥居、記念碑や資料館、さらに […]