ホーム | 日系社会ニュース | PIPAに州医療施設認定=自閉症児SUS適用可能に=15人に新規で33人受入れ
生徒の成長の成果を示す青空学級発表会の様子(2010年12月撮影)
生徒の成長の成果を示す青空学級発表会の様子(2010年12月撮影)

PIPAに州医療施設認定=自閉症児SUS適用可能に=15人に新規で33人受入れ

 サンパウロ日伯援護協会の運営する自閉症児療育学級「青空学級」(PIPA、井上健治代表)が昨年10月29日、聖州保健局から「医療施設」として認定された。これにより、SUS(統一医療保険システム)との業務提携が可能となり、諸条件を満たす自閉症患者はSUS扱いでPIPAを利用することが出来るようになった。PIPAには現在15人の児童が在籍しているが、SUS適用を受け、新たに33人の受入れを行うことを決めた。菊池善治会長は「PIPAを通じて当地に自閉症療育を確立していきたい」と意気込みを語った。

 医療施設認定に伴いPIPAは、精神科医、言語聴覚士、心理学者、理学療法士、作業療法士、看護士で構成された医療チームを設けることが義務付けられ、SUS扱いの患者1人につき、毎月1236レアルが聖州から支払われることになった。
 SUSの対象となるのは以下の4条件を満たす者。(1)専門的な治療が必要な自閉症患者であることを証明する医師の診断書がある(2)5~9歳の男児(3)健康に悪影響の無い程度の運動に参加できる(4)1週間で最低22時間半を施設利用に充てることが出来ること。
 新規の利用者の受入れなど規模が拡大していくことに対し、井上代表は「今は、教師1人が2~3人の児童を担当している。これからは、日本のように教師1人で10人の児童を担当できるようになる必要がある」と教師養成の必要性を述べ、「状況が整えば、各地にPIPAの支部を作る見通しも立つ」と語った。
     ◎
 PIPAは06年に運営が開始され、薬を使わずに自閉症治療を行う「日常生活療法」の第一人者である三枝たかこさんがJICAシニアボランティアとして当地に赴任し、技術を伝えた。
 PIPAは順調に運営を続け、13年には、JICAから「草の根技術協力事業・協力支援型」の枠組みの中で3年間の期限、上限2500万円の支援を得て、職業訓練事業の実現を目指してきた。
 来年には契約期限を迎えるが、PIPAは新たに5年間の期限、1億円を支援上限とする「草の根技術協力事業・パートナー型」での事業継続を目指している。JICAブラジル事務所の遠藤浩昭次長は、「州政府が認めたことからもわかるようにPIPAの活動成果は大いに認められるもの。次回の草の根協力が実現するかは未定だが、前向きに検討したい」との認識を示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■訃報■米田利耕さん2019年10月19日 ■訃報■米田利耕さん  サンパウロ市初のカラオケ店「どんぐり」を1977年に共同経営した米田利耕(よねたりこう)さんが、17日に病気のため亡くなった。享年71。  米田さんはカラオケ店経営の他、旅行会社の案内役、翻訳業を行っていた。  通夜は17日夜に、サンパウロ市のヴィラ・マリアーナ墓地で、告 […]