ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 200万台がサンパウロ市脱出=霧と渋滞に充分の注意を

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2004年5月18日 東西南北 5月18日(火) […]
  • 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇2017年9月22日 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇  19日夜、サンパウロ大都市圏のイタペセリカ・ダ・セーラ市で、路上駐車していた自分の車と間違えて、他人の車の扉を開けようとした23歳の男性が、強盗だと思った車内の男性に射殺される事件が起きた。21日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジャン・アラウージョ・ルフィーノ・シャ […]
  • 東西南北2017年5月31日 東西南北  30日付アゴラ紙によると、サンパウロ市セントロで強盗や窃盗の被害が急増しているという。1―4月で比較した場合、セントロでは16年同期に比べて強盗事件が29・7%、窃盗事件が32%増えたという。市全体の増加率は各々2・6%、10%だったというから、セントロ(セー、ボン・レチロ、 […]
  • ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず2017年2月9日 ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず  ブラジルの1月の自動車生産台数が昨年同月比で17%増えたと報じられた翌日の7日、国内の自動車メーカー各社が、カーニバルを利用して生産調整を行う意向を表明し始めたと8日付エスタード紙が報じた。  6日に行われた、乗用車、小型商用車、トラック、バスを含む自動車の生産台数が17% […]
  • ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死2017年1月21日 ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死  19日に連邦最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事の搭乗した小型飛行機が墜落し、同判事ら5人が死亡した事件で、ブラジルは現在、大きな衝撃に包まれている。  それはテオリ判事が、労働者党(PT)前政権(2003~16年5月)と現在のテメル政権を揺るがしている一大汚職、「ラヴァ・ジャッ […]