ホーム | イベント情報 | ピエダーデ=富有柿祭り、15日から=市政175周年も祝い

ピエダーデ=富有柿祭り、15日から=市政175周年も祝い

(左から)中島会長、武藤、菅野両副会長

(左から)中島会長、武藤、菅野両副会長

 ピエダーデ文化体育協会(中島秀雄会長)が市との共催で、『第15回ピエダーデ富有柿祭り』を5月15~17日、同会会館(Rodovia SP-250, km 101, Trecho Piedade, Pilar do Sul)で開く。入場無料。
 初日は開会式のみで午後6時から。二日目以降は午前9時開場の午後11時まで。富有柿を始めとする地域の物産展や、舞台上で各催しが行なわれる。合わせて市制175年記念祭(18、19、20日午後5時~)も開催され、有名歌手を招いた歌謡ショーなどを予定しているという。
 中島会長、武藤恒久、菅野哲夫両副会長が来社し、「寒暖差があるほど柿は甘みが強まる。このごろの気候が続けばちょうど食べごろになります」と呼びかけた。
 農産品展に関する問い合わせは同文協(電話=15・3244・1664、サイト=www.piedadeacep.com.br/)、市政記念イベントに関しては同市(同・3244・8400)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ