ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 5月5日は子どもの日。日本ではそろそろ民家の上空に鯉のぼりが泳ぐ頃だ。川の両岸に渡したりや吊橋にかけたりと、様々な場所で鯉のぼりイベントが開かれる。季節感の希薄な当地にいると、どうもあの賑わいが恋しくなる。「七夕祭り」や「餅つき祭り」に続き、見栄えがよく豪快で、子ども好きなブラジル人にぴったりの「鯉のぼり祭り」。そういえば、ガルボン街の日本庭園にもよく上がっていたが、もっと目立つリベルダーデ広場にも上げても良いのでは。最近、中国新年とかにお株を奪われつつある東洋街だが、何かしてみては?
     ◎
 若者の仏教離れが進む日本では、諸宗派が信者獲得に知恵を絞る。最近人気なのは僧侶が働く「坊主バー」や、寺の一角を利用した「寺カフェ」だ。東京都代官山にオープンした「寺カフェ代官山」は「初めての写経」や「仏教雑学講座」「仏教アート講座」など変わった催しも実施しており、厳かな寺とは一線を画したカジュアルな雰囲気の中で僧侶に人生相談が出来ると好評だ。従来のイメージを覆すユニークな着想の数々は、当地でも非日系の呼び込みに使えそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2008年9月16日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年9月16日付け […]
  • 東西南北2014年1月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月3日  大晦日から元旦への変わり目を祝うイベント「レベイロン」は全国各地で例年通りに行なわれたが、サンパウロ市恒例のパウリスタ大通りでのレベイロンでは、7時間で延べ200万人の来場を記録し、ピーク時には95万人が同大通りに繰り出していたという。今回 […]
  • 東西南北2003年10月21日 東西南北 10月21日(火) […]
  • 【ブラジル相撲連盟50周年祝い】日伯のたぎる闘魂が激突=国際親善相撲など3大会=技で優勝もぎ取る日本2011年8月3日 【ブラジル相撲連盟50周年祝い】日伯のたぎる闘魂が激突=国際親善相撲など3大会=技で優勝もぎ取る日本 ニッケイ新聞 2011年8月3日付け  ブラジル相撲連盟(篭原功会長、下本八郎名誉総裁)が主催する国際親善相撲大会、第50回全伯相撲選手権大会、第16回南米選手権大会などが23、24日にサンパウロ市ボン・レチーロ区のサンパウロ市日伯文化総合運動場内の常設土俵で開催され、南米各 […]
  • コラム 樹海2010年9月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年9月11日付け […]