ホーム | ビジネスニュース | Sabesp=水道代15%値上がりへ=全国のダム貯水量にも不安

こちらの記事もどうぞ

  • 水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)2015年2月4日 水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用  南東伯中心に水や電力の供給不安が広がる中、水や電力の供給制限が行われれば、今年の国内総生産(GDP)は2%程度落ちるとの見解も発表されたと1日付エスタード紙などが報じている。 クレジット・スイッセ銀行は、電力供給が制限された時のGDPは1・5%、水の供給制限も重なればGD […]
  • 水位低下が続き地面もひび割れたジャグアリー貯水池(Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)2014年10月24日 TCU=連邦政府の責任を追及=水不足はサンパウロ州のみならず=電力不足の懸念も高まる  連邦会計検査院(TCU)が22日、南東伯での少雨、干ばつに関し、連邦政府がしかるべき措置をとっていたかを調査する事を決めたと23日付伯字各紙が報じた。 TCUが調査対象とするのは、環境省と国家水資源庁(ANA)だ。ジウマ大統領や労働者党関係者はサンパウロ州カンタレイラ水系 […]
  • 安心するのはまだ早い!=水の使用量増加で罰金2割2015年3月13日 安心するのはまだ早い!=水の使用量増加で罰金2割  2月、3月はサンパウロ州でも平年以上のペースで雨が降っているが、12日朝9時のカンタレイラ水系の貯水率は14・0%。未開の水域開放前の水準ならマイナス15・2%で、アウト・チエテも20・4%のみだ。カンタレイラは大サンパウロ市圏への水の最大供給者の座を未開の水域を持たない […]
  • カンタレイラ水系のジャグアリ貯水池(Luiz Augusto Daidone/Prefeitura de Vargem)2015年1月24日 大サンパウロ市圏=水不足の影響多方面に=過剰消費の追徴金上昇か=消えぬ給水制限の可能性  サンパウロ州の水不足は、各水系の貯水量低下や水道代の上昇にとどまらず、断水や給水制限の可能性の高まり、電力問題まで、複合的な影響を引き起こしていると、23日付伯字各紙が報じている。 サンパウロ州水道公社(Sabesp)新総裁ジェルソン・ケルマン氏は21日付フォーリャ紙で、 […]
  • 合意成立を喜ぶリオ州・聖州・ミナス州の知事(左から、José Cruz/Agência Brasil)2014年11月29日 水問題で3州合意成立=南パライバ川の利用巡り=施設完成は16年の見込み  最高裁で27日、サンパウロ州とミナス、リオの3州にまたがる南パライバ川の水利用に関する調停が行われ、3州知事間の合意が成立、サンパウロ州が同川に取水施設を建設するための入札準備に取り掛かる事が可能になったと28日付伯字紙が報じた。 3州知事には、各州が必要とする工事着工の […]