1

第1回SC州日本祭り=フロリッパで4、5日

ナジールさん(左)と中沢会長

ナジールさん(左)と中沢会長

 サンタカタリーナ州のニッポ・カタリネンセ協会(篠原ロシャーナ会長)とブラジル宮城県人会(中沢宏一会長)が共催し、『第1回日本祭り&七夕祭り』が4、5日、州都フロリアノーポリス市の州立歴史博物館(Rua Arcipreste Paiva/Praca XV de Novembro, Centro)で行なわれる。
 初日は午前11時~午後7時、二日目は午前9時~午後5時。太鼓や茶道、マツリダンスなどがステージを彩り、折り紙、書道、漫画などの展示や体験教室が行なわれる。同地の海産物を使った食品や民芸品、小物販売もある。
 池田敏雄在クリチーバ日本国総領事の提案がきっかけで開催に至った。州政府や日系諸団体が後援する。石巻若宮丸の漂流民による日本人初上陸(1803年)を契機に交流する宮城県人会も、七夕飾りの指導等で協力することになった。
 実行委員会渉外担当のナジール・デ・モラエス・ヨシイさんと中沢会長が来社し、「第1回目の日本祭りです。SCの日系社会を応援するためにも、ぜひ来場下さい」と呼びかけた。
 翌6日午前10時半からは、州政庁(Rodovia SC 401, km 5, 4600)で外交120周年記念式典も行なわれる。
 問い合わせは同協会(48・3225・8746)、詳細はサイト(www.nipocatarinense.org.br/)まで。