ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ジャズサンバを発信「ぶらじる商会」

■ひとマチ点描■ジャズサンバを発信「ぶらじる商会」

ぶらじる商会

ぶらじる商会

 日本唯一のジャズサンバ専門ピアノトリオ。1960年代に米国を中心に流行り、過去の音楽となっている「ジャズサンバ」を日本に根付かせるべく、06年から横浜を中心に活動している。
 メンバーはピアノ澤井夏海、ウッドベース古舘恒也、ドラムス副島泰嗣さんの3人。当地に短期滞在した経験もあり、音楽を通じて知り合った友人が数多く住んでいるとか。リーダーの副島さんは「遠く離れた日本から、常にブラジルに思いを馳せ活動している。いつの日かブラジル現地でも、我々の音楽が受け入れられることを夢見ている」と話している。
 6月6日には3作目となるアルバム「ジャズサンビズモ」(=ジャズサンバ主義の意)を日本で発売した。オリジナル2曲を含む全10曲で構成される。気になる方は公式サイト(brasilshokai.wix.com/jazzsamba)まで。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

One comment

  1. とても素敵ですね!Gostei muito !