1

東西南北

 3日付アゴラ紙によると、サンパウロ市セントロのアルメニアのバス・ターミナルでは、サンパウロ市と近郊の町を結ぶEMTUのバス路線で、利用者カード「BOM」の不正使用が行われているという。闇売人は利用者に「料金は5・80レアルだが5・00レアルでいい」といってカードを渡し、乗客が読み取り機にBOMを通したら、バスの窓からカードを返してもらう。BOMは複数回利用できるから、別の路線の利用客からも金を受け取って同じカードを使わせれば、1回分の料金を使うだけでそれ以上の額を受け取れるという手口だ。同紙が現場を押さえた際、闇売人は「この金で運転手やコブラドールにコーヒーでもおごるんだ。彼らとは友達だし」と答えた。
     ◎
 サンパウロFCが財政難に陥り、6月からチーム内の有力選手を次々と欧州やアラブのチームに高額で売る事態が続いている。この状況に、同チームの看板スター選手であるロジェリオ・セニやガンソが、「こんな状況でいいのか」と不満を露にしている。一時は首位だった全国選手権の成績も現在は7位まで落ちた。サンパウロは下部組織にジュニア・セレソンに選抜される有望株がいるにもかかわらず、大物と契約して芽をつぶす傾向もあり、「良い機会では」の声もあるが。
     ◎
 夏季を思わせる強い雨が降った3日のサンパウロ市。予報では、寒冷前線による天気のぐずつきは5日の午前中まで続くとか。上旬のうちに降水量をできるだけ稼ぎ、カンタレイラをはじめとするサンパウロ州の水系を潤したいところだ。4日は比較的温暖だが、あすの最低気温は10度を割る可能性も。