ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(20)

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(20)

8歳で農作業

1925年6月28日、移民船「河内丸」は神戸港を出航。東シナ海を過ぎてシンガポール港に停泊。7月17日、同港で記念撮影。父・兼松(33)、母・こみよ(32)、長女・静子(14)、武雄(9)、兼子(3)(『綿作王 松原武雄』より)

1925年6月28日、移民船「河内丸」は神戸港を出航。東シナ海を過ぎてシンガポール港に停泊。7月17日、同港で記念撮影。父・兼松(33)、母・こみよ(32)、長女・静子(14)、武雄(9)、兼子(3)(『綿作王 松原武雄』より)

 少年は、日本では小学校に通っていたが、ブーグレでは、学校には殆ど行かず、カフェザールで働いた。もっとも当時、移民の子はたとえ8歳でも、そういうケースが多かった。
 ファゼンダでは日本、ロシア、イタリア、ポーランドからの移民数百家族が就労していた。労働は厳しかった。夜明け前に鐘の音が響く。起床の合図である。眠い眼をこすって撥ね起きる。作業衣を着てカンテラを灯す。女は弁当をつくる。
 6時、第二の鐘で家を出て、カフェザールに向かう。エンシャーダ(鍬)などの作業用の小道具、弁当その他の小荷物を持って……。道を行くと、朝露でズボンが濡れて、ひんやり冷たい。畑に着く頃、東の空が白みかける。畑では、女は重装備だった。髪を布キレで包み麦藁帽子を被り、袖長の作業衣を着、長いスカートの下にズボンを履いていた。虫や草の葉が肌を刺すのを防ぐためだった。
 
罵倒された日々

 少年の家族は、僅か一千本のカフェー樹の世話を請け負った。農業経験がなかったので、そうしたのだ。が、作業は捗らず、馬に乗って見回りに来るフィスカールが、
「こんな怠け者の日本人、見たことがない!」 と口を歪めて罵った。
 手にできる豆を潰し、布を巻いてエンシャーダをひいた。その布に血が滲んだ。収穫時、寒い日など手が痛くてカフェーの実の採取ができない。棒で叩いて落とした。それを見つけたフィスカールが来て怒鳴った。
「手で取れ、怠け者!」
 棒で叩くと、枝を傷めるので、これは禁じられていた。両親も姉も唖の様になって働いていた。少年はコブシを固めてフィスカールを睨み付けていた。
 食べて行けなかった。日本から持って来た時計や着物が消えて行った。オウリーニョスで高熱を発した妹は脳を犯され、元に戻らなかった。少年は(なぜ、こんな処へ来てしまったのだろうか)と不思議に思った。
 2年契約が終わった1927年、一家はブーグレを出て別のファゼンダへ移った。ここは、現在はアンジラーという町(ムニシピオ)になっている。当時はインガーといって、カンバラーの一部だった。少年は10歳になっていた。
 
からみつく不運

 新しいファゼンダで労務者として働いた少年の一家は、4年目に収穫したカフェー、僅か100俵だったが、自分のものとした。(どういう労働契約であったか、資料類は不記載)
 ところが、この100俵を掛売りした相手に夜逃げをされてしまった。相手は同じ日本人だった。父親は放心の態で口もきかず、ピンガを飲み続け、ろくに食事もとらなかった。
 それから暫くして、冬の一日、気温が急に下がった。澄み切った濃紺の空、風はなく、木の葉は寒さに縮まっていた。人々は恐怖に震えながら、囁き合った。
 「来るゾ……」 
 何が来るのか、言わずとも判っていた。霜である。翌朝、戸外に出ると見渡す限り真っ白であった。太陽が昇るにつれ、カフェーの葉は、生気を失って行った。少年は葉を手で撫でながら「枯れないでくれ!」と祈った。しかし2、3日もすると、葉の色は黒色に変わっていた。その葉が風で枝を離れ、カサカサと舞った。
 振出しに戻って、改めて3年契約を結んだ。3年後、一家は少し纏まった額の現金を得た。が、移動した別のファゼンダで、マレッタ(マラリア)が発生、家族全員が罹病してしまった。マレッタは、この地方一帯で発生したが、特にインガーの場合、酷かった。数カ所のファゼンダで、数人から十数人が就労していたが、
「(多い時は)毎日、葬式だった。町に棺がなくなった。板で棺をつくった。中には棺を買う金がなく、サッコに入れて墓場に置いてきた人もいた」(サッコ=袋)
 と資料類にはある。
 武雄の一家は町に移転し治療に専念した。幸い助かったが、漸く手にした虎の子は治療費で消えてしまった。移住して来て9年が経ち、少年は17歳になっていた。当時の感覚では、もう少年ではなかった。青年武雄であった。
 一家は、アルマゼンで掛買いをして、糊口を凌いだ。5年経った。貧窮生活に変りはなかった。武雄、22歳。
 先に触れたことだが、当時の移民は誰もが4、5年で日本へ帰るつもりであった。錦衣帰郷こそ目的であった。しかし、武雄たちには、その見込みは全く立たなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)2020年5月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)  ほんの少しの暇があれば、浜辺にいける。宿直がない水曜日か木曜日の夜、サントスのヴィラ・ベルミロ球場まで足を延ばしサッカーの試合が見られるかもしれない。チームにはジット、ラエルシ、フォルミガ、ペペ、パゴゴアンなどの名選手がそろっていた。また、ペレーとかいうおかしな名前の少年が頭 […]
  • わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)2020年4月14日 わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)  「二十年以上風邪をひかないんですよ」と言うと、人の反応はさまざまである。信じる人、信じない人に分かれるのだが、信じるにしても素直には信じない。あるいは、――自慢しているナ、もしかしたら嘘かも知れない――と思われて話がシラけてしまう。  「ほう」と言ってニヤニヤして私 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(227)2020年3月11日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(227)  こういって、初めの一本をすすめた。そのことを知ったとき、いつもだったら、叱りつけるのに、アキミツを罰することはできなかった。彼自身、そのころのはやり言葉で「煙突の煙」とよばれるぐらいのヘビースモーカーだったからだ。  安くて「胸がやられる」といわれるほどニコチンが多いマセド […]
  • 大耳小耳2020年2月28日 大耳小耳  一般財団法人・日伯協会(三野哲治理事長)が発行する会報『ブラジル』第986号が1月に発行された。中でも「ナショナリズムの表徴としてのカシャッサ」(田所清克京都外語大名誉教授)には感服。いわく《辞書や書物に当たると、実に700以上ものカシャサの同義語があることに驚かされる》とあ […]