ホーム | イベント情報 | CIATEが原爆講演=有識者二人招き、19日

CIATEが原爆講演=有識者二人招き、19日

永井さん

永井さん

 国外就労者情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が19日午後3時から同5時まで、「原爆投下70周年の集い」を開催する。場所は文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)1階12号室、参加無料。
 ブラジル被爆者平和協会・森田隆会長と、CIATE学術評議員の中川郷子さんの娘、クリスティーネさんを招き講演を行なう。
 森田会長は憲兵として広島にいた21歳の時、爆心地から1・3キロメートル地点で被爆した。1984年にブラジル被爆者平和協会を設立し、ブラジルおよび南米各地で講演している。
 クリスティーネさんは被爆者について研究を行っており、「Orfaos de Hiroshima(広島の孤児)」という書籍を8月に出版した。
 案内のため来社した同センターの永井康之専務理事は、「70年が経って被爆者も高齢になり、今後、被爆体験を聞ける機会は少なくなる一方では。この機会にぜひご参加ください」と呼びかけた。
 問い合わせは同センター(11・3207・9014)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福博剣道協会=谷口杯争奪戦2005年9月17日 福博剣道協会=谷口杯争奪戦 2005年9月17日(土)  福博剣道協会(林義宣会長)は、十月九日午前八時からスザノ市パウロポルテーラ体育館(Rua barao de […]
  • 東西南北2008年3月12日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年3月12日付け  十三日が「世界腎臓の日」にあたるため、四月までの間、全国で無料の腎臓検査(検尿)が行われる。サンパウロ市では、十三日(木)九~十二時にRua Serra de […]
  • マリンガの和順会30周年=入居費無料では老人ホーム、パラナ随一=宗教布教に福祉利用せず=記念式典、6月26日に2005年2月22日 マリンガの和順会30周年=入居費無料では老人ホーム、パラナ随一=宗教布教に福祉利用せず=記念式典、6月26日に  入居者とともに、歩んでいきたい──。パラナ老人福祉和順会(佐々木陽明理事長)が今年三月十五日、創立三十周年を迎える。戦後、北パラナ開拓の拠点だったマリンガ市には、全国各地から多くの移民が押し寄せた。夢破れた日系人に救済の手を差し伸べるため、マリンガ日伯寺の付属事業として和順会 […]
  • 丸山賢二郎氏2008年11月11日 丸山賢二郎氏 ニッケイ新聞 2008年11月11日付け  リベルダーデ区トマス・ゴンザガ街にある「丸山宝石店」の創業者、丸山賢二郎さん(福島県出身)が肺炎をこじらせて八日午前一時半頃亡くなった。享年七十八歳。 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(15)=第二章 浄土2013年10月2日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(15)=第二章 浄土 ニッケイ新聞 2013年10月2日  事務所に戻ったジョージは、早速、電話で聖心寺の宿利晃天和尚と明日の午後の約束を取った。  気の強いカヨ子さんが珍しく弱った顔で、ジョージの前に来て、 「(あの〜、会議室のおボーさん大丈夫かしら、まだ眠っているわよ)」 […]