大耳小耳

 サンタカタリーナ州のラーモス移住地は新たな取り組みとして、お茶生産に高い関心を示しており、先月には14人がレジストロまで視察に赴いたようだ。こうした交流が自然発生していることも相まって、CKCもレジストロ茶への支援を決めたという。今回の紅茶フェスが市場開拓につながれば、両移住地の活性化にもつながるはず。
     ◎
 28日に行われる秋篠宮ご夫妻のサンパウロ歓迎会に向けて文協は、大講堂のカーペットをクリーニングするなど、すでにお迎え準備を始めているようだ。大講堂1200人収容の内、半数は招待客や警備に当てられるようで、一般申し込みは21日昼の段階で352人という。たとえ県人会長であっても申し込み必須なので注意が必要だ。正式な招待状が届いてない方は、明日23日までに文協(11・3208・1755)へ連絡を。