ホーム | 文芸 | 刊行 | 隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版

隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版

著書を手にする中島さん

著書を手にする中島さん

 サンパウロ市在住の中島宏さんが小説『クリストレイ―約束の地―』(上・下)をこの度発表した。それぞれ423、420頁。
 2011年に発行の『ブーゲンビリア』(文藝春秋企画出版部)に続く、自身2作目となる本作は、物語の中心をノロエステ線プロミッソンのコロニア最古の教会、クリストレイに据える。
 全10章構成となる同作は900ページに迫る長編作であるが、「一カ月に一章のペースで」という驚きのスピードで書きあげた。
 中島さんは「変わった教会があると聞いて足を運び、本当に不思議な感覚を覚えたことが作品のきっかけ。移民という広い世界を見る一つの入り口として読んでもらいたい」と語っている。
 また中島さんが主宰する意見交流会「西風会」の機関紙『西風』第2号も同時に発表。「戦後七十年―戦中日系画家」(田中慎二)、「たかが県人会、されど県人会」(日比野健一)等が掲載され、「自由討論」には宮尾進、武田真一、古杉征己らが参加した(敬称略)。
 小説は日系書店で購入することができる。問い合わせは中島さんまで(11・3106・2009)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]