ホーム | コラム | 樹海 | ソファーの向こうにある天国

ソファーの向こうにある天国

 ネルソン・ゴラさん(74)はサンパウロ市の特別養護ホームに入院する愛妻が「死にたい」と願ったのを真剣に受け止め爆弾で心中を図った。エスタード紙10月11日付によれば、昨年9月のある日曜午後3時半、妻の胸の上に爆弾を置き、自分が覆いかぶさって抱きしめ爆発させた▼爆発音に驚いた関係者の通報で警察が到着した時、妻は亡くなっていたが、彼には脈があった。遺言には「キチガイだと思われるに違いない。でも救いのない妻の苦しみに終止符を打つにはこれしかなかった。私も妻も幸せだった。息子よ、許してくれ」と書かれていた▼病院で目を覚ましたネルソンさんは失敗を悟った。しかも殺人容疑で懲役20年の可能性も。数カ月前に「死にたい」と言った妻だが、事件の頃には話しかけても返事が返ってこない半ば植物状態になっていた。だが妻の同室者は「彼女は嫌なら叫ぶ事はできた。だけど静かに受け入れた。きっと分かっていたはず」と証言した▼彼は「人生はあんなに苦しむためにあるんじゃない。後悔はしてない」と同記者に語った。心理療法の一環でダンス教室に参加し、ある未亡人から「一緒に暮らさない?」と誘われた。でも「妻は若い時ダンスが上手だったが、結婚してからまったくしなくなった。今からダンスを習うのは彼女に対して失礼」と断った▼息子は自宅を売ろうとしたが、やはり断った。彼はなぜかベッドでなく、ソファーで寝るようになった。「いつかこの家に妻が現れる。ここが無くなれば彼女が道に迷う。だから僕はこのソファーで寝て、いつものように彼女に優しく起こしてもらうのを待っている」。(深)

ネルソンさんを取材したエスタード紙10月11日付の記事

ネルソンさんを取材したエスタード紙10月11日付の記事

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]