ホーム | 日系社会ニュース | イペー音頭、200人参加=歌と盆体操発表講習会

イペー音頭、200人参加=歌と盆体操発表講習会

イペー音頭に合わせて盆体操を踊る参加者

イペー音頭に合わせて盆体操を踊る参加者

 歌手の中平マリコさんとブラジル健康体操協会(川添敏江会長)が18日午前9時から、『イペー音頭 歌と盆体操発表講習会』をサンパウロ市の栃木県人会館で開催した。
 中平さんが作詞・作曲した「イペー音頭」に、同協会がオリジナルの振り付け「盆体操」を指導し、1割の非日系を含む約200人が踊りを楽しんだ。
 黄、ピンク、緑などカラフルなTシャツを着た指導員が参加者の間に立ち、中平さんの歌に合わせて踊りを教えた。サビの部分では「花咲爺と咲かせましょう~」と皆で合唱。参加者からは、声を合わせて歌うのが楽しいと評判だった。
 曲の途中にはサンバ風のリズムも入り、ブラジル人にとっても親しみやすい楽曲に。9月末には在聖総領事館から外交120周年記念曲に認定された。
 カラオケ曲付きのCDも完成し、同協会の川添博支部長によると、すでに500枚以上売れたという。収入は4つの福祉団体(憩の園、希望の家、こどものその、やすらぎホーム)に寄付され、日本での売上分は被災地慰問の活動費に使われる。
 CDの問い合わせは日本国内は中平さん(donamari@circus.ocn.ne.jp)、ブラジル内、また定期講習会については川添会長(kenkotaisso@hotmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ