ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 援協の10月定例役員会では、9月に訪日したスザノ・イペランジアホームの中田和夫運営委員長らが、山形県川西町の「国際ダリアサミット」に出席したと報告された。650種10万本を誇る〃日本一〃の川西ダリア園は圧巻だったとか。施設も「車椅子が通れる散歩道など、見習うべき点が多かった」という。同ホームで3月に開催されているダリア祭りも、「毎年お客さんが増えている。日本の園に少しでも近づけるよう施設を整備して、ダリアの種類も増やしていく」と中田委員長は意気込んでいる。同ホームはすでに〃南米一〃らしいが、もっとそれを広報して観光地として全伯的に有名になり入場料がとれれば良いが。
     ◎
 サンジョアキン駅すぐそばにある牛丼チェーンのすき家ヴェルゲイロ店(Rua Vergueiro, 72)だが、メトロ拡張工事に伴い10月末から休業している。同店舗には同じ通りの20番へ移転し、12月から再開するという張り紙が張られている。ほんの数軒隣り、しかもサンジョアキン駅に近い方へ移転する。バイク店だった当たりのよう。移転先の方が駅に近くて広そうなので、さらに条件は良さそうか。数年後にメトロ新線が開通すれば、さらに人通りが多くなり大繁盛?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年2月18日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓 […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]