ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 亜国邦字紙『らぷらた報知』12日付けによれば、メキシコの刑務所から7月に脱獄した麻薬組織首領ホアキン・グスマン受刑者が、アルゼンチン南部パタゴニア地方の山間部に潜伏している可能性があるとアルゼンチンの治安当局が6日に発表したという。「チリに向けて、アンデス山脈の国境を抜けようとしているとの情報がある」とし警戒態勢を強めた。チリ内務省は亜国当局との連携を強め、「存在が確認されれば、即座に身柄を拘束する」と警戒を強めていると報じられている。かつて大列車強盗犯の英国人ロニー・ビッグスがリオに潜伏していた話は有名だが、〃麻薬王〃も南米か。
     ◎
 90年代初めに当地のマンガ・アニメ文化の起爆剤になった「聖闘士星矢」。その最新テレビゲーム「ソルジャーズ・ソウル」南米版のキャラクターの声は、テレビ放送でポ語吹き替えをしている声優が、そのまま担当しているのだとか。日本のゲーム作品が北米用で英語対応するのは、よくあることのようだが、ポ語では珍しい。ジェトロの調査によれば、ブラジルのテレビゲームのソフト市場は4億ドルを越えるそうだから、日本側の歩みよりも当然か。とはいえ任天堂がブラジルから撤退したことは記憶に新しい。マンガ・アニメ人気に便乗した方策だけに、効果も期待できそう?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年3月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]
  • 大耳小耳2009年6月24日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年6月24日付け  エフィジェニオ・デ・サーレスの四方山話。入植当初のフェスタで酒が手に入らず、バケツにシャロッピとアルコール、氷を入れ飲んでいたとか。あるとき、マナウス対岸にあるベラ・ビスタ移住地に野球大会で遠征。川を渡る途中、エンジンが止まっ […]
  • 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く2020年1月10日 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く  2019年、ブラジルからのドルの純流出総額は447億7千万ドルを超えた、とブラジル中銀が8日に発表した。  これは、1982年の統計開始以来、単年度としては最大の外貨流出額だ。  これまでの外貨純流出は、1999年に記録された161億8千万ドルが最高だった。ブラジルはその […]
  • 底をついたかブラジル経済=明るさが見える2020年=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2019年12月3日 底をついたかブラジル経済=明るさが見える2020年=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  何だかんだと言っているうちに12月に入りました。あちこちで「忘年会だ」「餅つきだ」という声が聞こえてくると、「ああこの年も終りか」という実感が湧いてきます。  2019年はどんな年だったのか、そして又、新しい年2020年はどんな年になるのか、誰もが気になるところではあります […]
  • 《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策2019年10月31日 《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策  景気回復が遅れ、失業率の改善も進まない中、連邦政府が雇用促進策の一つとして、若者や高齢者を雇った企業に対する減税を検討していると29日付現地紙サイトが報じた。  若者や高齢者への雇用促進策は、社会保障制度改革案承認後の経済政策の一つで、具体的な法案は経済省が近日中に議会に提 […]