ホーム | 日系社会ニュース | 第10回=かずま忌=大原サチさんが総合一位=かずま賞は近藤玖仁子さんに

第10回=かずま忌=大原サチさんが総合一位=かずま賞は近藤玖仁子さんに

富重さん(前列左から5人目)を囲んで記念撮影

富重さん(前列左から5人目)を囲んで記念撮影

 故富重かずまさん(元ニッケイ俳壇選者、俳誌『蜂鳥』元主宰)を偲ぶ『第10回かずま忌俳句大会』が5日、文協サロンで行われ、40人の俳人が俳句三昧の一日を過ごした。
 近藤玖仁子さんの司会で始まり、遺影が飾られたかずまさんをはじめ、先立った句友らに黙祷が捧げられた。かずまさん亡き後、主宰を務める妻の久子さんが挨拶し、参加者から10年間の感謝を込めた花束と拍手が贈られた。
 兼題は昼寝、暑中見舞、桑の実、かずま忌と年末一切。参加者は5句を無記名で投句し、互いに7句を選んだ。作品が披講され代表選者の講評が述べられた。採点発表後に賞品授与、最後に間部よし乃さんが閉会の辞を述べ、和やかなうちに終了した。
 総合得点で一位に輝いた大原サチさん(90、鹿児島)は句会に通い始めて5年足らずだが、20点を獲得。驚きと感激の表情で「名前を呼ばれるたびに緊張。スラスラとは行きませんが、何とか練り出して詠んでいます」と控えめながら初の栄光を喜んだ。
 また富重久子さん選による特選(かずま賞)は、近藤玖仁子さんが選ばれた。代表選者選(特選、次点の順)と総合順位は次の通り(敬称略)。
【富重久子選】「ソムリエの動き美し聖夜かな」(近藤玖仁子)、「ヴェルディのアヴェマリア聴くかずまの忌」(森川玲子)
【広田ユキ選】「大往生せしごと爺の大昼寝」(伊那宏)、「かずまの忌父似母似の三姉妹」(篠崎路子)
【浜田一穴選】「昼寝するござに葉っぱの二三枚」(須貝美代香)、「かずま忌や十年重ねてわれ卒寿」(梅崎嘉明)
【伊那宏選】「暑を問うて明治の舅の心入れ」(橘鏡子)、「相聞歌いのちの証かずまの忌」(吉田しのぶ)
【梅崎嘉明選】「塀越しに落ちる桑の実路地染まる」(建本芳枝)、「昼寝して草分移民上寿とや」(山口まさを)
【総合順位】一位=大原サチ(20点)、二位=山本紀未(16)、三位=伊那宏、広田ユキ(15)、四位=上田ゆづり(14)、五位=鈴木文子(13)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 山口ロータリークラブ=福祉施設に10万円寄付2019年8月2日 山口ロータリークラブ=福祉施設に10万円寄付  山口ロータリークラブ(波多野義憲会長、山口県山口市所在)は、今年もブラジル山口県人会(伊藤紀美子会長)を通じて、高齢者福祉施設「憩の園」(佐藤直・救済会会長)と託児所「ジラソル」(和田アンナ所長)に10万円相当の寄付を贈った。  日本から贈られた寄付金で山口県人会が […]