ホーム | 文芸 | 連載小説 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)

パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)

火の玉が飛ぶ様子(イメージ写真)

火の玉が飛ぶ様子(イメージ写真)

 で、ペオンにその辺に寝る場所を適当に用意してもらい、一同牛缶で夜食を済ませ、ペオンには持参のカンニャ酒を振舞ってねぎらい、自分も飲んだ。
 パラグァイの地酒カンニャは銘酒でブラジルのピンガに相当するサトウキビの蒸留酒だが、田舎の山の中で飲むとその雰囲気に良く合って、また一味違い格別である。酒は雰囲気で飲むものだとは、良く言ったものだ。
 ラ・コルメナ初代支配人の内田千尋氏もカンニャに魅せられたと見えて、自分で作詞した
 「♪パラグァイよいとこ
   カンニャがのめて、
   己等の暮すにゃ文句ない♪」
という、東京外語大学の「キンキラキン節」を歌曲にした、「開拓賛歌」を残している。
 かくして、猛獣の〃来客〃があっては困るので、ペオンに焚き火を絶やさないように注意して就寝した。
 ところが、寝付く前に夜空に聳える梢の合間を上向いてを見ていたら、瀬川さん達は気が付かなかったらしいが、〃人魂〃がスースーッと上空を通って行くのを、私は目撃したのである。
 私はブラジルで、パラグァイに来る直前に、まだ小さかったが馬が好きで、言い付けられもしなかった家の馬の世話を勝手に一人で遣っていたら、頭の上を〃ボーっと青く燃える火の玉〃がユラユラと通るのを、おっかなびっくりハッキリと見た。
 そこで、子供心にも感じたのは近くパラグァイに移る事になった息子を名残惜しくて、亡くなった父親が別れに現われたのではないかと思ったりした。
 母親はこの話を聞いて何も言わなかったが、義父は言い付けもしなかった、子供には危ない馬の世話を勝手にしたと叱られたのが関の山だった。
 先述の〃人魂〃の話に戻れば、昔ブラジルで見て来た〃火の玉〃を私はまた思い出したのであるが、その日はコロンブスによるアメリカ大陸発見記念日に当る1957年10月12日の夜だったのである。
 後で思い当ったのだが、同年10月4日は旧ソ連が世界で初めての無人人工衛星スプートニクⅠ号を、更に11月3日には雌犬ライカを乗せたスプートニクⅡ号を相次いで打上げ、アメリカを出し抜いた快挙で有名である。
 私は、そのスプートニク第Ⅰ号の飛んでいるのを奇しくもその晩、調査先のジャングルの中で〃人魂〃だと思って見た訳だ。
 翌朝はサア又仕事だ! と用意に取り掛かろうとして明るくなった周囲を見回したら、なんと昨夜ジープを止めて置いた場所は、3メートルもある高い小川の危なっかしい川っぷちだったのに気が付いて驚いた。
 移住者の方達も良くご存知だと思うが、テラローシャは農業にはもってこいの沃土だが、少しでも湿ると、石鹸のように良く滑って、車がスリップし始末に負えないものである。
 私達が野営した場所もその典型的な赤土で、夜露でスッカリ濡れていて、少し傾斜した川っぷちに置いてあったジープは、ちょっとでも揺らぐと自然に滑り落ちそうな感じで冗談じゃない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(2)2015年12月10日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(2)  この超国家主義のフランコ新政権は外国移民の導入に限定的な規制を敷き、前政権との移民政策は対照的に異なり、おりしもブラジルの〃移民二分制限法〃の影響もあってか、同年4月30日付でようやく下りた、日本人農業移民100家族の導入を認める大統領令第1026号には「試験移民」という厳し […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(1)2015年12月9日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(1)  早いもので、来年(2016)は「パラグァイ日本人移住80周年」を迎えるに当り、様々な記念行事のプログラムの準備が各関係当事者の間で着々と進められている。 言うまでもなくその起源は、戦前の初にして唯一の日系集団計画入植地、現ラ・コルメナ市の開拓に内田千尋初代パラ拓支配人と笠松尚 […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)2015年12月12日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)  なんの事とはない、私がチームの案内、通訳、運転の3役を受け持ったのである。そして、瀬川、田中両技師と街へ出て、食料品店で缶詰、飲み物その他雑多な10日分ばかりの用品を揃え、ジープの後ろの「フタ」を開いて、その上に速成した代用荷台に上手く積み込んだ。 この他にスコップ、アッチャ […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(3)2015年12月11日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(3)  ところが、アスンシォン港に着いて上陸し、市内に入っても、いつまでも都市らしい街が見えず、アスンシォン市はまだ遠いのかと尋ねたが「イヤ、ここがアスンシォン市なのです」との返事に、黒田公使もいささか驚いたと言う。 当時のアスンシォン市といえば人口20万人位の都市で、近代的な様相は […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)2015年12月19日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)  この少佐の兵科は、元は空軍ではなかったのが、例の1947年の大革命中、政府軍の偵察機の偵察兵として搭乗し任務に当っていたが、ある日パイロットが敵弾で即死した為に、急遽自分で飛行機を何とか操って無事着陸し助かったというエピソードで有名な軍人だった。 それが病み付きで兵科を替えて […]