ホーム | コラム | 樹海 | 二つの団体の還暦に思う

二つの団体の還暦に思う

 個人的に思いの深い二つの団体が最近、創立60周年、人間でいうと還暦を迎えた。人生でも色々なことがあるのに、数百、数千、いや数万人が関係してきた団体の歴史は簡単に振り返れるものではない。一つは10月の広島文化センターである▼記者職を離れた後はわずかな期間ながら理事も務めた。第三者として見るのと、実際に運営に関わるのは大きな違いがある。県人会の批判はさんざん書いてきたが、よく怒られなかったものだと首をすくめる思いだった。今回の周年行事に関して、地元広島で働きかけができたのは一世として嬉しい限り。ほぼ半世紀出されなかった会誌の編纂にも関わることができたのも感慨深い。来年無事刊行の運びとなりそうだ▼2002年に記者として働き始めた当初、先日式典があった文協の担当になった。全く分からない状況で、まず訪ねていったのが安立仙一事務局長。策士とも言われた古老の企みか、上手く関心を持たせたくれたおかげで、長くコロニア諸事に好奇心を持ち続けることができた。今会えば話せることはたくさんありそうだ▼一世の谷広海さん、続いて二世の小川彰夫さんが頑張った文協選挙、渡部和夫さんを中心にした文協改革など夢中で取材した。小さなコロニアというけれど、移民の歴史、育った環境で違う日本への思いの相違、複雑な人間関係、その後ろにはブラジル社会が広がる無限の世界に見えた。人間観察の大事な時期だった▼多くの団体が毎年節目を迎え、そして毎日それぞれの歴史を刻み続けている。そうした歴史に触れ記録を残せたことは、今更ながら日本人冥利に尽きると思う。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • ボウソナロは独裁者になれるか?2020年6月12日 ボウソナロは独裁者になれるか?  5月末から、ブラジルでは反ファシズム・デモが行われている。これは、自分たちに都合が悪くなるとやたらと軍事クーデターの可能性をチラつかせるボウソナロ大統領関係者の言動に対する国民の反発に、米国で起こった、白人警官による黒人男性殺人事件に対する全米規模でのデモの影響が加わ […]