ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオで新世代博物館オープン=地球にやさしい「明日のミュージアム」

こちらの記事もどうぞ

  • リオ五輪の記念硬貨販売中=純金製10レアル貨は1180レアルで販売2015年11月5日 リオ五輪の記念硬貨販売中=純金製10レアル貨は1180レアルで販売  リオ五輪開催を記念する記念硬貨がネット上とブラジル銀行の支店で販売されている。発行されている記念硬貨は、10レアル金貨3種、5レアル銀貨12種、1レアル貨12種の27種だ。 10レアル金貨3種は純金製で、1180レアルで販売されている。片面は3種ともキリスト像で、反対側には各 […]
  • リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー2016年8月27日 リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)によると、ブラジル人がリオ五輪期間中のテレビ放映で最も観たイベントは開会式で、種目別ではサッカーだった。  調査対象となったのは、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、ポルト・アレグレ、クリチバ、サルバドール、レシフ […]
  • 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる2016年8月10日 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる  リオ五輪開幕から4日、現在のところ大きな問題もなく開催されているリオ五輪だが、フランスの新聞「フィガロ」紙のサイトが、リオ五輪の運営状況をほめる報道を行っている。 同紙サイトの記事は、契約者以外に読めないシステムになっているが、同国の全国ネットのラジオ局RFI局が記事の要約を […]
  • リオ五輪で追悼の黙祷を=ミュンヘン五輪テロで亡くなったイスラエル人選手の妻の戦い2015年12月16日 リオ五輪で追悼の黙祷を=ミュンヘン五輪テロで亡くなったイスラエル人選手の妻の戦い  イスラエル人のイラーナ・ロマノさん(69)は43年間、一つの目的のために戦ってきた。1972年のミュンヘン五輪で起きたテロ事件で亡くなった重量挙げ選手で夫のヨセフ・ロマーノ氏ら、11人のイスラエル人選手追悼のため、国際五輪委員会(IOC)が五輪開会式で1分間の黙祷を行う事を求 […]
  • リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬 2016年7月13日 リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬   最近の日本の報道を見ていると、リオ五輪を「リオでじゃねえよ」というような冗談で、ことさらに「開催危うし」また「リオは犯罪都市で危険」というニュースが多いように思われます。私のようにブラジルに帰化し、当地で生活する日系人としては非常に残念な思いに駆られます。 移住2年後、兄のコ […]