ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9日に聖市東部に降った大雨の影響で男性2人の死亡が確認された。1人はサンミゲル・パウリスタでのラペナ川の氾濫で、もう1人はイタイン・パウリスタで冠水の水に流された事故だった。これで昨年12月以降、9人が大雨の影響で死亡したことになる。なお、アリカンドゥーヴァ川の氾濫で流されて行方不明となったルーカス・アリソン・ナカモトさん(15)の捜索は、現在も続いている。予報だと、強い雨は今週いっぱい続くと見られている。雨が続くこと自体は水不足の解消のために歓迎すべきことだが、死者を増やさないためにも市の対策が望まれるところだ。
     ◎
 バスと聖市地下鉄・CPTMの価格が3・80レアルにされた後、聖市内の駅やバス内では、おつり用の硬貨不足で困っている。それは10センターボや5センターボの数が少ないためで、利用客が4レアル払った際に20センターボを払うのに苦労しているという。場所によっては、20センターボのおつりの代わりに25センターボ硬貨を払う料金係もいるというが、値上げの際にそのあたりの状況は考慮されなかったのか。
     ◎
 ジェラウド・アウキミン聖州知事が16年の給与調整をせず、15年と同額を受け取ることが明らかとなった。その月額は2万1631・05レアルで、マルシオ・フランサ副知事、州の諸々の局長、州議員の給料も同様に据え置かれることとなる。いずれの家も家計が苦しい中、州財政を助けるために増税を行う州も増えているが、公職の高給層が給与調整をしないと聞いて一安心といったところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月25日 東西南北  ここ最近、現地紙の報道でよく話題になる「大統領選キャンペーンでの放送時間」について、23日付エスタード紙が、現在予想される政党連立の状況に従うと、ジェラウド・アウキミン氏の30秒間の政見放送は8月31日までの5週間で318回、つまり1日平均9回流れると報じた。以下、労働者党( […]
  • 東西南北2017年2月3日 東西南北  ルーラ元大統領夫人のマリーザ氏が亡くなったが、これで予想されるのは「PT(労働者党)の逆襲」だろう。彼らからしたら「マリーザ氏が亡くなったのは、自分自身も被告になったラヴァ・ジャットのせいだ」で、同作戦に対する敵意と対抗姿勢を強めていくだろう。とりわけ、ルーラ氏は「マリーザの […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2016年3月9日 東西南北  ジェラウド・アウキミン聖州知事(PSDB)は7日、聖州商業協会のイベントで、エル・ニーニョ現象に伴うこの春~夏の豊富な降水量から「水危機は解消した」と言い切った。この席で同知事と隣り合った州内政界の大物のひとり、パウロ・マルフ氏はこの席上で、アウキミン氏の政治手腕を評価し、「 […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]