ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今日開催のモンテ・アズール日本祭りに運営協力する東海大の学生ら。中々国際色豊かなメンバーで、当地でのボランティア経験者や、半年間タイに滞在経験のある学生も。極めつけはサウジアラビアからの留学生、機械工学を専攻するアルバルカウイ・マジデさん(21)だ。初来伯に「言葉も食べ物も似ていて驚き」。同大には留学生も多いようで、日本で国際化が進む大学の一つといえそう。
     ◎
 6日の『日伯交流・歌と踊りの祭典』に出演した非日系演歌歌手・エドアルドさんが、気になることを言っていた。日本で多数のアルバイトを経験した際、日本語が堪能なために上司に大変重用されたという。仕事を任せる場合、相手が日本語を話せれば、説明にかかる時間や労力も少なくて済む。昨今デカセギで日本に行く人が増えてきたし、今後も日本で働く人が増える時期はあるだろう。三世、四世に日語をマスターさせておけば、日本の就職先でもとんとん拍子で〃出世〃するかも?
     ◎
 岐阜県人会便り2月号が発刊された。先月に初開催した第1回ペスカ(釣り大会)などの報告が掲載されている。イーリャベーラにて夜通し行なったイカ釣りでは、一人で300杯も釣り上げるつわものもいたよう。同月にはゴルフコンペも初開催。県人会としては珍しい行事だ。会長も変わり若返りが進んでいる?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年5月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月29日  琴奏者の内藤方干さんは毎年地元で定期演奏会を開くほか、海外でも演奏活動を行っており、琴の教室も開いている。かつてはデカセギ集住地の同県長浜市内に住むブラジル人の子供たちにも教えたこともあるという。金融危機後は多くのデカセギが帰国して今は行わ […]
  • コラム オーリャ!2016年7月9日 コラム オーリャ!  日本祭りが開幕を迎えた。郷土食を販売する各県人会は特に、準備に大忙しの一週間を過ごしたようだ。 水を差すようで悪いが、知人の日系人から少し残念な声を聞いた。「日本祭りは今年も行かないと思う」。この祭りにしかない日本食にも、アニメにも、企業ブースにも関心がないという。そんな声を […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 日系政治家を前に「皆さんの存在は本当に喜ばしい」と語る安倍首相2014年8月20日 【安倍首相来伯特集】ブラジル日本文化福祉協会=安倍首相が日系人と懇談=政治家、5団体、青年ら=県連日本祭り意義アピール  安倍晋三首相は2日午後3時半、聖市のブラジル日本文化福祉協会を訪れ、移民史料館を10分ほど視察した後、9階で最初に日系政治家約30人、5団体代表、日系若者ら約40人とそれぞれ10分余り懇談した。世耕弘成官房副長官、木村太郎内閣総理大臣補佐官と共に訪れた。その後、大講堂で記 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]