ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 25日はキリストの受難日、27日はパスコアで3連休だったブラジル。その期間中、サンパウロ州サンターナ・デ・パルナイーバでは毎年恒例のキリストの磔劇が行われ、大勢の人が集まって盛況だった。ただ、今年ほど「受難」という言葉が似合うブラジルはないかもしれない。24日には、カトリックサンパウロ市司教区のオジロ大司教がミサの最中に暴漢に襲われた。さらに、今年のパスコア商戦の売り上げは2007年以来の最低水準となり、「復活祭」と呼ぶには程遠いものだった。だが、もっとも受難なのはやはりジウマ政権だろう。罷免阻止の頼みの綱だったPMDBがもう連立離脱寸前。予断を許さない状況だ。
     ◎
 26日、サンパウロ州サンジョゼ・ド・リオ・プレットで、大学生のマリア・ルイーザ・ペレス・パラソロさん(18)がホーン(ブジーナ)用のガスを吸い、死亡した。マリアさんはコンドミニアムでフェスタの最中、ガソリン・スタンドのコンビニで酒類と一緒にホーンを買い、数回鳴らしたところ、気分が悪くなり、気絶した。救急隊が手当てを施したが、病院に運ぶ前になくなった。サンパウロ州内陸部では2月にも、ホーン用のガスを吸った男性がなくなっている。
     ◎
 27日に行われたサッカーのサンパウロ州選手権で、パルメイラスは格下のアグアサンタに1―4で大敗する屈辱を味わった。パルメイラスの監督は、クルゼイロで2年連続全国選手権制覇したマルセロ・オリヴェイラ氏から、13年にアトレチコ・ミネイロを南米一に導いたクカ氏に代わったばかりだが、就任後4連敗。人事が裏目に出ているか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月22日 東西南北  21日、ジャイール・ボウソナロ氏は入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院からビデオ・メッセージを送り、「体調はかなり良くなった。今月中には退院できそうだ」と語った。今はちょうど、本日付で報じたように、同氏の経済スタッフのパウロ・ゲデス氏のCPMF再導入の疑惑によ […]
  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年10月21日 東西南北  19日のエドゥアルド・クーニャ前下院議長の逮捕は大きな話題を呼んだが、世間の注目はクーニャ氏のみならず、彼を連行したある連邦警察官にも注がれていた。長く伸びた前髪を、最近ブラジル人男性のあいだで流行のちょんまげにした、無精ひげで胸板の厚いこの男性は、「二枚目だ」としてたちまち […]