開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う

盛会となった60周年記念大会

盛会となった60周年記念大会

 戦後、新天地に夢を追い、国家建設に燃えた青年たちが渡伯して60年―。南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)は先月29、30両日、聖州郊外アヴァレー郡内ホテルで、『60周年記念大会』を開催した。全伯各地、遠くは日本やポルトガルから延べ57人の元隊員が結集。その家族ら合わせ164人が熱く抱擁を交わし、再会を悦んだ。

 青年隊は農家の二、三男を技能者として養成し、戦後復興のために役立てようと建設省により作られた制度。当時事務官であった長沢亮太氏らが奔走し、伯国へ送り込まれた326人の青年隊員は、農業を始め建設、通信、測量等の分野で国土開発に貢献した。
 慰霊祭から始まった記念大会では、静岡県富士宮市にある興徳寺の住職である松永泰然僧侶が導師を務めた。先立った長沢氏や111人の仲間に黙祷を捧げ、焼香。続いて高らかな隊歌合唱が式典の開始を告げた。
 挨拶に立った渡邉会長は、同隊の歴史を振り返り、「近代化の国家的事業の第一線で大きな成果を挙げてきた。青年隊移住者としての責任を果たしたのではないか」と称え、「111人の友に思いを馳せ、昔を懐かしみ、未来を夢見る楽しい一日にしたい」と挨拶。
 日本青年隊OB会「朝霧会」の栗田富夫会長や各期別隊員も挨拶した。訓練所での共同生活の思い出が語られると会場は熱気に包まれ、続く夕食会では、昔に戻ったように元隊員たちは思い出話に花を咲かせ、夜遅くまで歓談を楽しんだ。
 翌日はゆったりと中心街にある教会や、湖、展望台などを巡り、参加者は思い思いの時間を過ごした。

今なお燃ゆる青年時代の火=艱難越え足跡残した326隊員

再開を喜び祝杯を挙げる元隊員

再開を喜び祝杯を挙げる元隊員

 1956年6月、サントス港に降り立った17人の第1次隊は、パラナ州セーラ・ドス・ドウラードスで土地開発を行うコブリンコ社の下請けで、測量や道路建設にあたった。第1、2次はコチア青年の移住枠を借りて渡伯し、「神代組」と呼ばれる。受入機関であるサンパウロ農業拓殖協同組合中央会の創立以前のことだ。
 田中貢さん(84、富山、第1次)は、「隙間だらけの小屋での協同生活に、粗末な食事。野菜不足で次々と隊員が黄疸にかかった。一体こんなところへ何をしに来たのかと思ったこともある」という。だが、後続部隊のため汗を流し、共同生活を営んだ訓練所の建設、コーヒー栽培などにあたった。

建設省植村局長来伯時に訓練所隊舎の前で(南青協アルバムより)

建設省植村局長来伯時に訓練所隊舎の前で(南青協アルバムより)

 第1期から9期までの青年隊員が1年間の共同生活を営んだ訓練所、通称「ヤマ」。集団で参加できる大規模事業計画と結託させたいとの思いで計画され、協同生活を通じて、隊員たちは今日に至るまでの固い絆を作った。国の事情を確かめ、言語や生活習慣を身につけ、各々に適した活動の場へ送りだすことが目的だった。
 だが、国からの助成金獲得は困難を極め、訓練とは名ばかりの自給自足生活が続いた。第7期生の故菊池章さんの妻、敏江さん(82、東京)は、隊員の伴侶として初めてヤマに入った女性の一人。
 「食材はマンジョッカやカボチャだけ。中にはネギだけという食事も続いた」と往時を語る。120人を越える食欲旺盛な青年たちの食事を、女性ら5人が中心となり毎食準備。青年たちの活動を裏から支えた。
 64年3月、建設省は同訓練所を閉鎖。8カ月を過ぎたばかりの9期生は各々仕事を決めて散っていった。荒木昭次郎さん(79、山形)は、そのうちの一人だ。
 測量や型枠設計の経験を着実に積み、後に世界一といわれるイタイプ発電所の大工事に抜擢された『8人の侍』に名前を連ねる。世界で初めてダム建設にスライド式型枠工法を取り入れ、急ピッチで遅れた工事を進め完成に導いた。
 以来、ダム建設や地下鉄工事など中南米全域で様々な事業に携わり、土木コンサルタントとして今なお建設事業の第一線に立つ。「呼ばれるからには、辞めるわけにはいかない」と笑い飛ばすが、国家建設への熱き思いは燃え続けている。
 訓練所を巣立った隊員たちはウジミナス製鉄所建設など、数々の国家的事業や農業開発の第一線で活躍した。50周年で会長を務めた牧晃一郎さん(77、茨城)は、「ロマンがあったからこそ厳しい世界に飛び込み、自分自身を強くしなければならないと自覚した」と半生を振り返る。「仲間がいたから今の自分がある。青年隊はエネルギーの源。生きることの意義がつまった団体だ。そんな生き様を、次世代に見せることが我々の使命ではないか」と、60周年の節目に思いを新たにした。