fbpx
ホーム | 連載 | 2016年 | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(7)=豪快な戦後移民の劇的人生

第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(7)=豪快な戦後移民の劇的人生

ラプラタ河をさかのぼると、パラグアイ川、パラナ川に分かれる。パラナ川上流にはイグアスの滝、さらにその上にグアイーラやセッチ・ケーダスがあった(By Kmusser, via Wikimedia Commons)

ラプラタ河をさかのぼると、パラグアイ川、パラナ川に分かれる。パラナ川上流にはイグアスの滝、さらにその上にグアイーラやセッチ・ケーダスがあった(By Kmusser, via Wikimedia Commons)

 豪快な戦後移民、田口功さんの奥さんはイタリア系ブラジル人医師だった。多くを語らないが、田口さんがスーパー経営などの幾つかの事業で成功していたこともあり、治安問題に頭を悩ませていた。強盗がサンパウロ市南部の自宅を襲ったのを機に、彼女との安穏な余生を暮らすために10年前にカラガタツーバの海岸沿いに家を買ってサンパウロ市から移っていた。
 「妻は日本文化や日本食が大好きだった。医師を定年したら、半年日本、半年ブラジルという生活を夢見て、日本に家まで買った。翌年4月には二人で客船に乗ってイタリアまで行き、彼女の親が生まれた町を訪ねようと船の予約までしていた」。定年後の生活を楽しむために万全の体制を整え、2年前の9月9日、妻は定年退職の日を迎えた。
 「午後5時に仕事を終え、夜8時に自宅で突然倒れた。脳溢血だった。カラガタツーバ市は彼女の死を悼んで3日間の服喪宣言をしてくれた。でもそれから寂しくってね。子供はサンパウロと北米だし…。治安の問題があるからもう大きな町には住みたくないな」という。まるで物語の様な劇的な人生――。故郷巡りで出会う参加者には、驚くべき逸話も持つ人が本当に多い。

マテ・ラランジャ社が建設した映画館を修復した劇場。ガイドから説明を聞く一行

マテ・ラランジャ社が建設した映画館を修復した劇場。ガイドから説明を聞く一行

 一行は10月1日午前、ウマラマから西に115キロのグアイーラ市に向かった。パラナ川にかかる南米最長3800メートルの橋を渡った先は南大河州、そのすぐ南はパラグアイとの国境。いわば最果ての町だ。
 最初に一行が訪ねた「セッチ・ケーダス博物館」は、元々はマテ・ラランジェイラス会社(ML社)の支店事務所。116年ほど前に建てられたしっかりした建物だ。戦後に始まったウマラマと違い、ここには少なくとも一世紀以上の歴史がある。
 『60年史』(40頁)によれば、博物学者の橋本梧郎さん(1913―2008年、静岡県)の全面的な協力をえて、1961年7月に松山慎次郎が建設した。橋本さんは1954年にマテ・ラランジャ社が経営する農業試験場長に招へいされ、博物館が創立されると館長になった。コレクション「動植物20万5千余、考古学的な出土品(土器など)6千余」などを展示した。個人経営だったが、1971年に州政府の公共施設になったとある。
 その他、農務省グアイーラ気象観測主任、1964年にはパラナ州農務局狩猟監督官に任命されるなど、1977年にパラナ州ローランジャ市に「パラナ開拓農業博物館」が作られる時に、館長として呼ばれた。それまでグアイーラで活躍した。
 市制開始こそ1951年と戦後だが、聞けば、なんと1520年代にはスペイン人探検家がこの地域に足を踏み入れ、イエズス会士が入って教化活動を始めたところまで歴史をさかのぼれる。パラナ州屈指の古い歴史を持つ町だ。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(13)=唯一パラグアイからの凄い参加者2019年10月26日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(13)=唯一パラグアイからの凄い参加者  上塚芳郎(よしお)さんに、いつから祖父・司の移民事業に関心を持ったのかと聞くと、「本人の死後だ」という。「祖父が生きていた時は大学生で、あまり関心がなくて。山根一眞さんというジャーナリストがブラジルを知りたいと家に来て、それで自分も興味を持ったんですよね」。  97 […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 東西南北2019年8月13日 東西南北  サンパウロ州政府が、現在工事が滞っている地下鉄6号線に関して、現在のコンソーシオに代わる企業を求めている。この線は北部ブラジランジアから中央部にある1号線サンジョアキン駅までを結ぶもので、2016年から工事がはじめられていたが、参加企業がオデブレヒトやケイロス・ガルヴォンなど […]
  • パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放2018年11月22日 パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放  昨年12月にパラグアイで逮捕された麻薬や武器の密売者、マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガ(通称マルセロ・ピロット、43、以下、Mピロット)が19日の朝、パラナ州フォス・ド・イグアスでブラジル連邦警察に引き渡され、同日午後、同州カタンドゥーヴァスの連邦刑務所に […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]