ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2016年という年は、ジウマ大統領の罷免とリオ五輪という、年表に載せるべきことが二つも起きており、ブラジル社会にとって歴史的に見て特別な年になるということに、多くの国民も同意すると思われる。だが、この年の混乱はまだまだ終わらない。ただでさえ、大統領と下院議長が罷免されたという、世界的に見ても前代未聞の出来事が起きた年なのに、五輪開催のリオの州知事が2日連続で逮捕されるとは。それも、州公務員の激しいストが行われている真っ最中にだ。権力を持った政治家が悪事で罰せられることは歓迎すべきだが、あまりにもめまぐるしく事が動き、混乱の責任解明が疎かにならぬよう気をつけたい。
     ◎
 16日に下院で起きた本会議場への抗議団体乱入は、ネットなどで見る限り、非常に冷ややかな反応が多い。これを見るに、日頃から報道などで事実を確認することは大事だと思われる。抗議自体は政治腐敗を追及したもので、全世界的に正義の英雄扱いのセルジオ・モロ判事を誉めそやしたりしながら、左翼政権崩壊後なのに「共産主義に向かっている」と発言したことや、今もなお国民感情の悪い軍政を支持するかの発言はあまりに常識知らず。行動を起こす前にいまいちど確認を。
     ◎
 こうしたニュースの一方、めでたい話も。チッチ監督就任以来絶好調のサッカーのセレソンが、16日発表のFIFAランキングで遂に2位に。1位は先週の南米予選で圧勝したアルゼンチンだけに、近いうちに09年以来の世界ランク1位も現実的に。サッカー同様、ブラジル社会も再建に向かってほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年4月15日 東西南北  大統領罷免問題でなかなかそれどころではないが、14日、リオ五輪のサッカーのグループ・リーグの組み合わせが発表された。ロナウジーニョをゲストに招いて行われた抽選会で、伯国が入るA組は、南アフリカ、イラク、デンマークの4カ国となった。B組にはナイジェリアとコロンビア、C組はドイツ […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2016年8月30日 東西南北  現在、ジウマ大統領の弾劾裁判が進行中で、明日未明にも、罷免か否かの結果が判明する。国家元首の命運がかかる、本来なら国に緊張感が走る瞬間のはずなのだが、それにも関わらず、伯国の報道は比較的落ち着いて静かなもので、新聞の報じる面積も、他のことを報じた記事と大きくは変わらない。弾劾 […]
  • 東西南北2016年8月12日 東西南北  今回のリオ五輪で最も注目されているといっても過言ではない男子サッカーで、五輪代表は10日の対デンマーク戦を4―0で制し、ベスト8進出を決めた。それまでの南アフリカ、イラクの2試合を無得点の引き分け(スコアレス・ドロー)で終え、予選落ちも心配されていたが、欧州強豪も期待のガビゴ […]
  • 東西南北2016年8月10日 東西南北  今日10時、リオ五輪の男子サッカーの対デンマーク戦が行われる。この試合の結果次第で、五輪代表は予選落ちとなってしまう重要な一戦だ。奮わない代表の調子もきになるのだが、それと同様に応援する側の態度も気にかかる。「マルタに引き換え、ネイマールは…」とか「以前の世代に比べて最近は… […]