ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■九州文化大会の立案者=片山尤児(ゆうじ)さん(31、三世)

■ひとマチ点描■九州文化大会の立案者=片山尤児(ゆうじ)さん(31、三世)

片山尤児さん(31、三世)

片山尤児さん(31、三世)

 「日本文化ではなく、母県文化を知る機会を作らないといけない」。弁護士業の傍ら、日系社会の行く末を案じ、先月初開催となった九州文化大会を企画した。
 熊本県人会青年部長。まっすぐな情熱で県人会と九州地区の各青年部を説得し、企業からの協賛も取り付けた。青年部の無い佐賀県人会には客演として助力し、2位入賞に貢献した。
 優勝賞品の航空券の行き先をペルーと決めたのも、ペルー日系社会との繋がりを深化させ、両社会を活性化させるためという深慮から。文化大会を行う県人会が増え、日系社会が過日の彩を取り戻す日が来ることを期している。(石)


□関連コラム□大耳小耳

 九州文化大会が成功し、青年らは大会内容を充実させ、規模を大きくしたいと意気込んでいる。規模が大きくなるに連れて、更なる協賛企業の獲得や会場、人員の手配など課題も増えるだろう。青年らが幸運なところは、世界最大の日本祭りを作り上げた県連の先輩達がすぐそばにいること。このことは県連にとっても幸運で、青年と日系社会の繋がりを強くしつつ、大規模催事の運営ノウハウを次世代に継承し、将来の日本祭り執行部員の育成にも繋げられる。良いこと尽くめの文化大会、今後の展開に注目。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 記念式典、10月に州議会で=移住百周年の和歌山が総会2017年2月3日 記念式典、10月に州議会で=移住百周年の和歌山が総会  今年10月に県人のブラジル移住百周年式典を行なう和歌山県人会が先月29日、聖(サンパウロ)市の同会会館で定期総会を行なった。記念事業の詳細や、谷口ジョゼー会長の続投が決まった。 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 《ブラジル》110周年記念式典=18県から慶祝団約300人=正副の知事や議長が各12人=百周年に次ぐ盛大な式典に2018年6月30日 《ブラジル》110周年記念式典=18県から慶祝団約300人=正副の知事や議長が各12人=百周年に次ぐ盛大な式典に  ブラジル日本移民110周年の今年、日本の18県から慶祝団が駆けつける。その内13県から知事4人、副知事8人、県議長9人などを含めた慶祝団約300人が110周年式典に参加する。10年前の百周年式典の時には12県知事、13県議会議長、3副知事が参加し、慶祝団の総数は669人を数え […]
  • 続投する山田委員長(左)と市川委員2014年10月9日 日本祭実行委が正式発足=山田、市川氏の続投決定  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の9月度代表者会議が先月25日午後、文協ビル5階の県連会議室で行われた。ふるさと巡りでペルーに発った木原好規団長(和歌山)ら欠席の中、39県が参加した。 南アゴスチーニョ氏(福岡)が7、8月度の会計報告を行なった。7月度は60 […]
  • 七夕飾りを作るボランティアの皆さん(奥が石原フアンさん、右端が記代さん)2014年7月5日 エクアドルでも日本祭り=宮城方式の七夕をキトで=4年後外交100周年にらみ  エクアドル首都キトでも第1回日本まつりが7月6日、旧キト国際空港のイベント会場で行われる。キトでは過去3年間、市内日本語学校やキト補習授業校主催の七夕祭を行ってきたが、4年後に両国の外交関係樹立100周年を控え交流をさらに盛り上げようと、今年初めて日本まつりとして大規模に […]