東西南北

 4日午前7時頃、サンパウロ市西部ヴィラ・ソニアで、システム・アナリストのダニエーレ・サントス・ゴメスさん(30)が、自宅を襲った強盗に射殺された。ダニエーレさんはこの日、自宅の車庫に車を入れたり出したりしていたときに武装した2人組の男性に制圧され、家の中まで侵入された。強盗はコンピューターやテレビなどを盗んでいこうとしたが、1人の注意がそれたのを見たダニエーレさんが銃を奪って抵抗しようとしたところ、背中を撃たれ、病院に運ばれたが死亡した。彼女の弟(22)も足を撃たれたが、命に別状はなかった。新年早々、悲劇の多い今日この頃だが、これもそのひとつ。
     ◎
 そろそろ2月のカーニバルに向けて全国の各市が動きはじめる頃でもあるが、有名なもののひとつ、ペルナンブッコ州オリンダで、恒例の巨大人形の披露があった。そこで紹介された新しい人形は、テメル大統領や米国のドナルド・トランプ次期大統領などだったが、説明されないとわからないほどに似ておらず、これでは逆の意味で話題になりそう。政治風刺がなにかと人気のカーニバルだけに、今年はとりわけ、この2人のマスクが話題を呼びそうだ。
     ◎
 ブラジルのテレビ創世記の際に活躍した女優ヴィダ・アウヴェスが3日、多臓器不全のため聖市で亡くなった。88歳だった。ヴィダは1951年、ブラジルのテレビ史上、はじめてキス・シーンを演じた女優として知られているが、63年にははじめて女性同士でのキスを演じた女優でもある。晩年はサンパウロ市西部スマレーでテレビ博物館の館長もつとめていた。