ホーム | コラム | オーリャ! | 農村に文化の輝きもたらすユバ・バレエ

農村に文化の輝きもたらすユバ・バレエ

 弓場農場のクリスマスの集いでのバレエ公演一曲目終了の後、大きな歓声が響いた。ミランドーポリスの街から離れたアリアンサ移住地は夜、漆黒の闇につつまれる。でもテアトロ・ユバは違う。照明に照らされた舞台の上には「文化」の輝きがあった。
 バレエを指導する小原明子さんは「踊りには生活が出る」と一言。「弓場での練習の取り組みはプロ並。さらに農場での毎日の生活がお客様を感動させている」と人気の理由を明かした。
 早起きして畑仕事をしてくたくたに疲れている中、夕方からバレエや演劇等の練習が始まる。楽器演奏、バレエ、演劇全てに参加していた矢崎勇さんは「大変だけど、好きですから」と簡潔に参加理由を答えた。
 好きだからこそ真剣に取り組み、多くの人々を感動させる。観客を感動させた喜びが、練習への熱心さにつながる。日本人らしい「働き者」達を弓場農場で見ることが出来た。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2010年1月5日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年1月5日付け  先月25日に、クリスマス公演を取材にミランドポリス市の弓場農場を訪れた。噂には聞いていた公演だが、その完成度の高さと演じる人達の魅力の虜になった。 […]
  • コラム オーリャ!2014年1月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年1月10日  ナタウ公演、紅白歌合戦といったスポットライトのあたる〃年末の宴〃の時期を終え、弓場農場はそろそろ通常に戻る。  5~60人の生活者がいるが、年末には一時的に100人ほども来客が訪れる。年が明けると徐々に散る旅人や、西表島から一時帰郷してい […]
  • コラム オーリャ!2014年1月3日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年1月3日  新年を迎え、今年は第一アリアンサが「入植90周年」を迎える。2年後の16年には第二が、そして翌17年には第三が続々と迎える。10年前の第一80周年では、長野県人会の創立45周年も重なって、田中康夫知事(当時)を迎え盛大に祝われた。  第1ア […]
  • ダンサーマサシ=リオの後は上塚周平墓参り=日系社会の貴重さ語る=熊本からVイザベル出場2016年2月19日 ダンサーマサシ=リオの後は上塚周平墓参り=日系社会の貴重さ語る=熊本からVイザベル出場  「日本は今、壊れかかっています」――真剣な表情でそう語るのは、熊本で活躍中のダンサー・マサシさん(本名・伊藤雅史)。サンバダンサー歴15年。03年にリオのカーニバルに初参加し、以降来伯を繰り返す。今年もリオで出場、強豪チーム「ビラ・イザベル」でパシスタとして踊った。ダンスだけ […]
  • 弓場農場=クリスマスの集いに300人=雨乗り越え笑い声響く2016年1月6日 弓場農場=クリスマスの集いに300人=雨乗り越え笑い声響く  聖州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会、望月友三代表)が12月25、30日に、恒例の「クリスマスの集い」を開催した。25日には生憎の雨にも関わらず、地元を始め聖市からのファンら約300人が集まり、作業の合間を縫って熱心に稽古に励む〃農民の芸術〃に大きな拍手が […]