ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本最古のブラジル情報誌、日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』第974号(季刊)が1月に発行された。昨年11月の同協会創立90周年記念式典の写真グラフが目を引く。今年は「神戸開港150周年」であり、その関連記事も。神戸港は1868年1月1日に開港して以来、外国文化を受け入れる最先端であると同時に、移民送り出し港だった。昨年8月に急逝した黒田公男同協会理事の追悼文も興味深い。サントス上陸記念碑に対応したものを神戸港にも建ててほしいと、ブラジル側から要請を受け、黒田氏が一肌脱いで2年後に建立。笠戸丸が出港した4月28日午後5時55分に除幕式を行い、港に停泊中の全船舶が一斉に汽笛を鳴らすように手配したとか。移民に関する想いを共有できる日本側人材は実に貴重だと痛感する逸話だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月15日 大耳小耳  ベルリン在住の日本人現代美術家・塩田千春さんの作品展が聖市セントロのブラジル銀行文化センター(CCBB)とジャパン・ハウスで始まっている。1972年、大阪府岸和田市出身。12日付フォーリャ紙電子版などは、糸を立体的に造形に使う独特の作風を持つことから、「mulher-aran […]
  • 大耳小耳2019年11月14日 大耳小耳  『月刊ピンドラーマ』の11月号によれば、サンパウロ州主催「サンパウロ州伝統文化フェスティバル(Reveland SP 2019)」が13(水)~17日(日)午前10~午後8時、サンパウロ市のアグア・ブランカ公園(Av. Francisco Matarazzo, 455 - […]
  • 大耳小耳2019年11月12日 大耳小耳  「2019年度にっけい文学賞」に選ばれた栗山舎人氏著『ある移民の生涯』は、いくつもの短編と随筆からなる作品集。渡伯して間もない移住者の心境や、日本人がたくさん住んでいた頃の東洋街など、ブラジル暮らしが長い者には懐かしい風景がよみがえる。雨が続くここ数日、ふだん読書から遠ざかっ […]
  • 大耳小耳2019年11月8日 大耳小耳  故郷巡りに同行した、アマチュア歌手のZenkyuさん(本名=小川善久)。本業である「漢和塾」経営の合間を縫い、作詞作曲したアマゾン90周年記念バラード「この地に舞い降りたのは」と、110周年を記念した「百と十年の轍(わだち)」の2曲を引っ提げてトメアスー、ベレン、マナウスの3 […]