ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 伯国の珈琲農園を舞台に、農園を経営する夫婦とその使用人夫婦との間の奇妙で複雑な関係のもつれを描いた三島由紀夫作『白蟻の巣』の演劇が、来月2日から19日まで東京の新国立劇場で上映される。三島由紀夫が世界一周旅行でリンスを訪れ、旧皇族である多羅間俊彦さんの農園を訪れたときに見た白蟻の巣から着想を得たもので、日本に空虚感を抱いた思いが色濃く反映された作品と言われる。「ほとんど日系社会について書かなかった」と言われる三島が、日本から遠くはなれた異国で日系社会という「日本」に出会い、からっぽな白蟻の巣に、戦後10年の日本の姿を重ね合わせたのかもしれない。
     ◎
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)を毒殺したときに使ったのが、神経剤VXだったとマレーシア警察が発表した。VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性が強い物質」と呼ばれており、遺体の顔から検出された。思えばカーニバルの季節には、パレードしながら「ランサ・ペルフメ」というスプレー容器に入った香水のような液体を、吹きかけあう習慣がある。元々は香水だが、最近は「興奮剤」のような成分が入っているものもあるとか。もしカーニバルのときにVXをランサ・ペルフミに混ぜて相手にかけたら完全犯罪?! ああ、想像するだけで恐ろしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年3月10日 大耳小耳  JICAサンパウロ出張所の遠藤浩昭さんが4年の任期を終えて帰国した。駐在員も出入りが激しいが、弊紙も例外ではない。先日、研修生として1年間記者修行をした青年の送別会が行なわれた。強盗に遭っても平然としているほど豪胆な若者で、帰国後は故郷の新聞社へ就職を希望しているという。編集 […]
  • 大耳小耳2016年1月15日 大耳小耳  年明け早々、コラム子らが住む東洋街南部の某県人会の横にある立派な住宅に4人組の強盗が入った。家族全員が旅行中で不在という隙を狙い、深夜にもぐりこんだ模様。不振に思った近隣住民が通報し、その場で御用となったが、パトカーが8台も駆けつけ、コラム子らも背筋が凍る思いに。県人会には普 […]
  • 大耳小耳2016年2月25日 大耳小耳  コチア青年の60周年記念誌は、前田進会長や安倍晋三首相らの挨拶文に始まり、コチア青年らの手記が並ぶ。サンパウロ人文科学研究所の宮尾進顧問は「二つの提言」という題の文章で、自分史を書くことを勧めている。青年らが未知の世界でいかに戦ったかを物語るだけでなく、「日系社会がブラジル社 […]
  • 大耳小耳2015年2月5日 大耳小耳  「五所川原市のねぷた」が聖市サンバカーニバルに初出陣する。市長や作業員19人の渡航費、国内輸送費として、市は2千万円以上を計上したという気合の入れようだ。地元出身の飛び職人らに話を聞くと、「青森ねぶた、弘前ねぷたに負けたくない」というライバル心もチラホラ。明治大正期の繁栄 […]
  • 大耳小耳2015年2月11日 大耳小耳  「ジーコがアギアの大使として聖市カーニバルに初参加」の発表記者会見でのこと。「パレードに招聘された事に喜びと感謝を感じる」と述べた後、「アギアの優勝に貢献したい。私は常にトップを目指す。優勝を望まずに参加する者はいない」と語った。日本で口を酸っぱくして周りの選手達に言い続 […]