ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジルの珈琲農園を舞台に、農園を経営する夫婦とその使用人夫婦との間の奇妙で複雑な関係のもつれを描いた三島由紀夫作『白蟻の巣』の演劇が、来月2日から19日まで東京の新国立劇場で上映される。三島由紀夫が世界一周旅行でリンスを訪れ、旧皇族である多羅間俊彦さんの農園を訪れたときに見た白蟻の巣から着想を得たもので、日本に空虚感を抱いた思いが色濃く反映された作品と言われる。「ほとんど日系社会について書かなかった」と言われる三島が、日本から遠くはなれた異国で日系社会という「日本」に出会い、からっぽな白蟻の巣に、戦後10年の日本の姿を重ね合わせたのかもしれない。
     ◎
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)を毒殺したときに使ったのが、神経剤VXだったとマレーシア警察が発表した。VXは「人類が作った化学物質の中で最も毒性が強い物質」と呼ばれており、遺体の顔から検出された。思えばカーニバルの季節には、パレードしながら「ランサ・ペルフメ」というスプレー容器に入った香水のような液体を、吹きかけあう習慣がある。元々は香水だが、最近は「興奮剤」のような成分が入っているものもあるとか。もしカーニバルのときにVXをランサ・ペルフミに混ぜて相手にかけたら完全犯罪?! ああ、想像するだけで恐ろしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》予防接種の割り込み告発4700件2021年2月25日 《記者コラム》予防接種の割り込み告発4700件  24日朝、ノートパソコンを開いた途端、予防接種開始以来の割り込み告発が4700件との記事が目に飛び込んだ。  その前にも、政治家や企業家、医療関係者とその家族が優先グループでもないのに接種を受けたとか、高齢者の振りをして接種を受けようとしたといったニュースを聞いてい […]
  • コロナ禍=サンパウロ州などで入院患者が増加=昨年のピーク上回る病床占有率も=中断した予防接種の再開間近2021年2月24日 コロナ禍=サンパウロ州などで入院患者が増加=昨年のピーク上回る病床占有率も=中断した予防接種の再開間近  26日で新型コロナの最初の感染者確認から1年になる。現在のブラジルは感染第2波の中にある上、変異株の拡散やカーニバル期間中の3密発生などを受け、病床占有率が100%か満床間近、入院患者が過去最高、外出規制強化といった報道が各地で続いている。  他方、ワクチン不足で中 […]
  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《リオ市》違法ショーで人気歌手ベロを逮捕=変異株拡大中なのに闇カーニバル?2021年2月19日 《リオ市》違法ショーで人気歌手ベロを逮捕=変異株拡大中なのに闇カーニバル?  カーニバルの期間中に行われた非合法の集客イベントに対し、リオ州警察が捜査や取り締まりを続けており、人気歌手のベロが逮捕される一幕なども見られた。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  今年のカーニバルは15日から17日の予定だったが、コロナ禍により、例年同様の […]
  • 東西南北2021年2月18日 東西南北  2月上旬は2週連続で新型コロナの感染者数が減っていたサンパウロ州。ところが、内陸部のアララクアラ市は変異株の市中感染確認で、15日から同州初のロックダウンに入った上、サンパウロ市やカンピーナス市でも変異株や市中感染を確認し、苦しい事態になっている。アララクアラではロックダウン […]