ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | シャペコエンセ=対戦チームのファンが飛行機事故を揶揄する叫び声をあげる

シャペコエンセ=対戦チームのファンが飛行機事故を揶揄する叫び声をあげる

対戦チームのファンから心無い叫び声をかけられたシャペコエンセは、前の試合でサンタカタリーナ州選手権後期優勝を果たしており、今後、総合優勝決定戦に進む(Sirli Freitas/Chapecoense)

対戦チームのファンから心無い叫び声をかけられたシャペコエンセは、前の試合でサンタカタリーナ州選手権後期優勝を果たしており、今後、総合優勝決定戦に進む(Sirli Freitas/Chapecoense)

 ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で23日、サッカーのサンタカタリーナ州選手権クリシウーマ対シャペコエンセ戦が行われ、クリシウーマのファンが、昨年11月に発生し、シャペコエンセ関係者ら71人が被害に遭った飛行機墜落事故を揶揄する叫び声を発したと、24日付ブラジルスポーツサイトが報じた。

 一部のクリシウーマのファンは、「アオ! アオ! アオ! 飛行機の燃料入れろよ!」との叫び声を発した。昨年11月末に71人の死亡者を出したシャペコエンセ搭乗機墜落事故の原因は、燃料切れだった事に引っかけて、相手チームを揶揄する行為だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ