ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》ゴイアニア市=軍警に殴られた学生重体=集中治療室でこん睡状態

《ブラジル》ゴイアニア市=軍警に殴られた学生重体=集中治療室でこん睡状態

 ブラジル全土でゼネストが起きた4月28日、中西部ゴイアス州ゴイアニア市でストと同時に行われた反政府デモに参加していた学生のマテウス・ダ・シウヴァさん(33)が軍警に暴行され、重傷を負った。マテウスさんは3日後の5月2日も、こん睡状態で補助器具に頼って呼吸していると、2日付現地サイトが報じた。

 マテウスさんは警棒で殴られ、頭蓋骨を骨折。顔面にも傷を負った。同日行われた頭部再建手術は4時間を要した。
 病院側は2日午前9時に、「マテウスさんは依然として重体だが、若干の改善の兆しが見える。医師団は検査結果を待って、こん睡状態を解除するかどうか判断する。新たな手術の予定はない」と発表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ