ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオデジャネイロ=流れ弾の被害が2日に1回発生=ほとんどがスラム街で

リオデジャネイロ=流れ弾の被害が2日に1回発生=ほとんどがスラム街で

 【既報関連】リオ州リオ市大都市圏では今年、流れ弾が一般市民に当たる事件が66件発生し、23人が死亡したと16日付現地紙が報じた。
 自宅のドアの前で新聞を読んでいた時、2歳の小児が軽食堂で遊んでいた時、託児所内で保育助手が…などと、被害状況は千差万別だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ