ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番

《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番

ロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官(Foto: Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

ロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官(Foto: Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 「裁判官として、墓地の穴掘り人の役割は拒否する。通夜に足を運んでもよい、だが、棺桶をかつぐ気はない」。注目のジウマ/テメル・シャッパ裁判で無効を強弁したヘルマン・ベンジャミン報告官が語った、この言葉は実に興味深い。棺桶の中に横たわっているのは「司法」そのものを示唆している気がする▼対するジルマール・メンデス選挙高裁(TSE)長官は「大統領はしょっちゅうとり替えるものではない。任期剥奪は混乱のない時期にすべきだ」と有効を主張。4対3の僅差でテメルは生き延びた。有効に入れた2人は、大統領が先月指名したばかりの新人であり、政治家の「指名権の力」をうかがわせる▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ