ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《サンパウロ市》運転時に携帯使用の罰則が毎日1千件超=使えるのは原則、駐車時のみ

《サンパウロ市》運転時に携帯使用の罰則が毎日1千件超=使えるのは原則、駐車時のみ

 道交法の改正により、自動車運転中の携帯電話使用の罰則が、昨年11月より重くなった。サンパウロ市発表のデータによると、運転中に携帯電話を持ったり通話したりという違反が1日あたり1千件を超えている事が明らかになったと21日付現地紙が報じた。
 運転中に携帯電話を持って通話したり、通話はしていなくとも携帯電話を操作したりメッセージを送信したりすることは「非常に重大な違反」とみなされ、7ポイントの減点と293・47レの罰金が科される。運転中の通話は1日350件、画面操作やメッセージ送信は1日320件、摘発されている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ