第20回県連日本祭り=特別写真グラフ=皆で力合せ、祭典成功に=会場にあふれる老若男女=ブラジル人も例年以上に殺到

今年も麗しい日系美がズラリ(一番左がミス・ニッケイ)

今年も麗しい日系美がズラリ(一番左がミス・ニッケイ)

 【サンパウロ共同】海外最大の日系人社会があるブラジル・サンパウロで、毎年恒例の日本文化紹介イベント「フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」の開幕式が8日開かれた。今年で20回目を迎え、会場は伝統芸能のステージや日本各地の和食の屋台などを目当てに日系人や日本好きのブラジル人らでにぎわった。
 日本祭りは7~9日の日程。開幕式では、主催のブラジル日本都道府県人会連合会の山田康夫会長が「2018年は日本人のブラジル移住から110周年の節目。今年の祭りは来年につなげる重要な意味を持つ」とあいさつ。細田健一農林水産政務官も出席し、和食や日本産品の魅力をアピールした。
 小学5年生から高校1年まで長野県諏訪市で過ごしたという日系二世の服部ブルナ小百合さん(23)は会場で「日本食が楽しみで来た。みたらし団子を食べるつもりです」と話した。
 海外で最大の日本祭りとされ、3日間の予想来場者数は約18万人。日本各地の和太鼓や民謡などのショーやラジオ体操のほか、ミス日系ブラジルやコスプレのコンテストも行われた。

若者が大活躍! アニメや特撮映画の主人公などになりきったコスプレーヤーたち