ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=歩行者の交通事故死が急増=夜の信号トラブルなどが原因

サンパウロ市=歩行者の交通事故死が急増=夜の信号トラブルなどが原因

 2017年上半期、サンパウロ市では自動車にはねられたりして命を落とした歩行者の数が昨年同期より21%も増えていたことがわかった。7月31日付現地紙が報じている。
 サンパウロ州交通局が発表した最新データによると、今年上半期でのサンパウロ市での交通事故死者は昨年より1%(6人)増えただけだったが、交通事故の犠牲となった歩行者は223人で、21%(39人)も増えたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ